スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

海外で就職するためのステップ 

今回は、海外での就職手順について説明します。

「海外で仕事見つけるのって、大変じゃない!?」と思っている方、それは間違えです。

 →就職斡旋会社に登録すれば、簡単に見つけることができます。





「日本で働いた方が給料良いんじゃない?」これも間違えです。

 例えばシンガポールの求人の場合、スキルがあれば月8000ドル以上
の求人も結構あります。日本円で月収56万円以上ということです。

 狙っている業務の経験者で、英語がそこそこできれば、通常は5000ドル、日本円で月間35万円くらい出るものもあります。

 日本の場合は、現在、転職しようとすると、前職と比較して給料が減る傾向にあります。しかしながら、シンガポールで就職すれば、給料が上がる場合もあります。

 しかも、食費、住居費などの生活費、税金は日本よりも安いんです!
 洋服だって、夏服だけあればOKですからね。
 お金溜まりますよー(笑)

先ほど、就職斡旋会社に登録すれば、簡単に仕事が見つかる(でしょう)と言いましたが、いくつかポイントと注意があります。

1、就職斡旋会社は、複数登録する。

 求人の選択肢を広げるためには、非常に大事です。但し、シンガポールの場合は、小さいので、それぞれの就職斡旋会社から同じ会社の求人を紹介されることも度々あります。

2、就職斡旋会社によって、企業紹介の方式や数、能力が違うので、自分に合った会社を活用する。

 私は、JAC、パソナ、テンプスタッフという3社に登録しました。
それぞれの会社で、紹介する方式が違います。

 例えば、JACの場合は、それぞれの業界毎に担当者がいます。
メインの担当者がいないため、不安になります。各業界に担当者が分かれているので、面談に行ったら、次から次へと担当者が入れ代わり出てきて、時間がかかり、非常に面倒くさいです。

 担当者、ほぼ全員、人間味がありませんでした。

 応募者の特性を全く考えないで、「紹介したら、終わり!」というスタイルですね。ちょっとヒドイ会社だと思いました。実際、シンガポーリアンの日本語スピーカーでJACを使った私がステイしているホストファーザーも、「JACはヒドイよ」って言っていましたが、分かりました。

 パソナの場合は、インターネット経由で申し込んでも、電話が掛かってきません(通常は、シンガポールから日本に居る応募者に電話を掛けて、ヒアリングをします)
 現地に行って、正式登録をして初めて紹介してもらうため、時間がない応募者にとっては、事前に面接のアレンジをすることができないため、時間がもったいないです。
 対応は、やや機械的な感じがしました。

 最後に、テンプスタッフですが、ここは最も良いと思います。応募者の特性を見抜き、最も合った求人を紹介してくれます。
親切で、給料交渉の代行までやってくれます。他社ではやってくれません。アフターフォローも良いです。
 もちろん、日本に居るときに電話でヒアリングをしてくれます。1時間くらいかけて丁寧にヒアリングしてくれますし、渡航前にアレンジして面接を確定してくれます。担当者も親切です。まあ社風なんでしょうね。

 シンガポールで就職したい場合は、テンプスタッフが良いと思いますよ! 


次回こそ、シンガポール、就職活動の実態について→応援クリック←お願いします。
スポンサーサイト

[2006/10/12 03:14] 就職・会社 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/66-4f5cef0c




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。