スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DELL insprion 700m 内蔵スピーカーの修理を自分でやる! 

実は、2ヶ月前からDELLのノートパソコンの内蔵スピーカーから音が出ない状態でした。

ある日突然、音が鳴らなくなりました。(内蔵スピーカー 故障!)
鳴らなくなったのは、保証が切れて1週後!(>_<)
修理出すと、数万円かかるということでしたが、あまり影響がなかったので放置していました。

ある日、ディスプレーの蓋を閉じ気味にすると、音がなることを発見!
音を聞きたい場合は、蓋を閉じ気味にして聞いていましたが、やっぱり音を聞くニーズがあまりないので、放置していました。

聞きたくなったら、イヤホン挿せば済みますからね。

で、昨日、ふとディスプレーを180度フラット状態にして、その後、ディスプレーを閉じ気味にして音を聞こうと思ったところ、完全に音が聞こえなくなりました!!(>_<)

この現象に納得できなかったのと、これから海外渡航をするにあたり、パソコンは完全な状態にしておこうという2つの理由から自分で修理することを決意!

今回は、DELLのノートパソコンを使っていて、同様の故障に悩んでいる人も多いと思い、この修理過程を完全実況中継します!

なんで、同様の故障に悩んでいる人も多いのか?と思ったかは、以下の見れば分かります!(怒)

まず分解したい人は、このサイトを参考にしましょう。

ディスプレーのはずし方が詳細に載っています。

あと、ヒンジカバーを外す必要があるので、英語版ですがこのマニュアルを読みましょう。ヒンジだけでOKです。

ヒンジのはず方は、意外と簡単です。マイナスドライバーで的確な場所を軽く持ち上げれば、確実に外すことができます。


d1


まずは、左側にある溝にマイナスドライバーを挿し込み、軽く持ち上げる。
パキっと外れます。



d2


次は右側です。




d3


ウラ2箇所も。

<% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) %>



d4


軽く手前に引いて上げれば、パキっと外れます。簡単です。
慎重に!




d5


ヒンジが外れました。




d6


なんと断線していました(赤丸部分)
元々、スピーカーケーブルの線が短かったためだと思います。
絶対に、設計段階でのミスだったと思わざるを得ません!(怒)


d7


次に液晶ディスプレーパネルを外します。
ネジが7箇所あります。この↑ネジは、ある場所を元々知らないと発見できないでしょう(>_<) カッターナイフの刃で蓋を取りましょう!




d8


ネジを全て取ったら、枠は、指のみで外れます。最初に案内したサイトを参考にしてください。ツメがどこにあるのかを把握してからやると楽です。1箇所取れれば、残りはサクサク取れます。
最初は下からやり、最後に上を外します。
枠の上の部分は、少し右にスライドさせながら、外します。




d9


スピーカー部露出




d10


間違えないようにケーブルに色をつけました。




d11


0.12mm×10芯コードを購入しましたが、これでもまだ太い!
これよりも、細いコードが良いでしょう。

さて、この細いケーブルの芯を露出させる必要があります。
ワイヤーストリッパーを使う以外、芯を露出させるのは不可能です。

ベッセル製 ワイヤーストリッパー 3500E-2

お勧めは、ベッセル社 3500E-1
3500E-2でもOKです。




d12


0.5の穴を使います。


d13


ワイヤーストリッパーで皮膜を剥いて、芯をむき出しにします。
反対側をラジオペンチ等で押さえながら剥きます。




d14


全て剥き終わりました。
そして、買ってきたケーブル(黄色)長さ2cmをつなぎ合わせました。
繋げる配線を間違えないように!




d15


動作確認テスト実施!
ちゃんと音が出ました!(^^)/ とりあえず成功です!
次に、つなぎ合わせてむき出しになっている芯を絶縁する必要があります。




d16


最初、絶縁テープを買いに行き試してみましたが、うまく付かないので、使い物になりませんでした。
再び、ホームセンターに行き、次は、「熱収縮チューブ」(一番細いもの)を買いました。実験した結果、これはOKでした。

熱収縮チューブはドライヤーの熱で収縮させますが、熱風をパソコンに当てないようにしないといけません。



d17


ドライヤーの風を絞る工夫。一歩間違えると、紙が燃える可能性があるので、たらいに水を入れていつでも消化できる準備をしました。

パソコン本体には、熱風を当てないように、薄い雑誌をディスプレー上に置いたり、本体内に熱風が入り込まないように、ハガキ等で完全遮断!→重要




d18


1つ接続成功!!



d19


全て接続完了!

補足:私の場合、ケーブルコードを付け足すという方式で作業しました。ケーブルコードは2cm+配線むき出しの部分がそれぞれ5mmでした。
あまり配線が長いとヒンジを嵌められなくなりますし、ディスプレー部分を折りたたんだ時に閉まらなくなるので、線は短いほど良いと思います。ディスプレー開閉を意識して作業してください。

スピーカー部の根元に負荷を掛けすぎると、コードが断線してきます。
私が作業したときもヤバイ状態でしたので、エポキシ樹脂で断線が進行しないように固定しました。上の写真のスピーカーに透明の盛り上がった部分がエポキシ樹脂です。

(エポキシ樹脂:100円ショップに売っています。薬剤Aと薬剤Bを混ぜるとプラスチックのように硬化する接着剤です。取り扱いに気をつけましょう。ディスプレー部分に溢したらアウトです!)



そして無事直りました。

ここまで要した時間、丸1日・・・
DELLよ、頼むからちゃんと良い仕事をしてくれー



役に立ちそうだったら→応援クリック←お願いします。

スポンサーサイト

[2006/10/02 01:56] ネット・パソコン | TB(1) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/60-94f4bb21


No sound

Inspiron 700m から突然音が出なくなった。...
[2008/04/04 22:54] URL kikulog


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。