スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シンガポール・マレーシアでの紅茶・コーヒーの注文方法 テイシーコソン! 

シンガポールでミルクティーが飲みたくなったら、


「ミルクティー、プリーズ」なんて注文すると、


超甘い、

ミルクティー

が出てきます!!(>_<;)






紅茶は だいたいミルクティーなのですが
ミルクはミルクでもコンデンスミルクが入っているからです!!!



例えば、砂糖無しミルクティーを飲みたい場合、「ミルクティー no sugure」なんて言っても、もともと砂糖なんて入っていないので、「はあ?」みたいな顔をされたりします。






シンガポールでスマートにコーヒー・紅茶を注文したい場合は、以下の表を参考にしてください!!!




これで注文できれば、あなたもシンガポール通だ!!!























紅茶の注文方法



※コーヒーの場合は

「テー」を「コピ」に変える
砂糖入り 微糖 無し
エバミルク入り テイシー

Teh C
テイシーシウタイ テイシーコソン
エバミルク無し テイオー

Teh O
テイオーシウタイ テイオーコソン







冷たいのを飲みたい場合は、



後に「アイス」




(シングリッシュで、「アイスァ↑」



と付ければOK!!!



微糖の場合の シウタイ は


シュー↑ ター↑イ


と抑揚を付けて言うと通じやすくなります。



ちなみに
koson(コソン)というのは、マレー語で、「無」という意味なんですよ!




こんな摩訶不思議な言葉で、注文できるからシンガポールは不思議です。

(桃子さん、ぜひ、これで注文してきてください)



普通に「コーヒー」「ティー」と頼むとむっちゃ甘い練乳が有無も言わさずにどばーっと入ってきて、いちばん単純なブラックと言っても通じにくく、やっぱり上記のように言うのが一番なわけです。




ちなみにコピティアム(代表的なフードコートの名前)にて、「コピ・オー・コソン(ブラックコーヒー)」などというものを注文すると、


ウェイトレスに「正気かコイツ?」という目で見られます。


そんな苦いものを選んで飲む人間がこの世に存在することがシンジラレナイようです(笑)




ぜひとも応援クリックお願いします!



スポンサーサイト

[2010/06/21 22:13] シンガポールライフ | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2010/07/09 05:22] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/509-aa496c44




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。