スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

US CPA願書 アメリカ大使館 公証のために進入! 

米国公認会計士試験を受けるには、願書を提出する必要がありますが

その願書には、



公証(notarization)を受ける必要があります。



公証を手っ取り早く、安く受けるにはアメリカ大使館に行くのが一番です。


で、まず、公証を受けるためには、アメリカ大使館のホームページから予約をしないといけません。



ホームページの作りが非常に分かりにくいため、予約のこのページまで辿り着くのも一苦労です。(← 苦労しないようにリンク貼っておきました)



※ちなみに、行きたい日の1、2週間前に予約しておく必要があります。



-----------------------------------

先日、公証を受ける当日がやってきたので、アメリカ大使館へ行ってきました!



アメリカ大使館のガードは非常に固いです!



以下の地図を参考にしながら、読んでください。


usaen.png


歩道を歩いていると、①で警察官に「何の用ですか?」と声を掛けられました。


まだ、大使館の正面でもないところで、質問されたのできょとんとしましたが、


「公証を受けに来ました」




というと、その警察官は、ボキャブラリーが少なかったのか、“公証って何だ?”って顔をしながら3秒ほど固まっていましたが、通してくれました(笑)。



もっと勉強してくれって感じです(>_<)




で、いよいよ大使館に入ろうとすると、②で来訪目的を聞かれて、パスポートで身分チェックをされます。その後、携帯電話と電子辞書をトレーに出します。



その後、分厚いドアを抜けて第一チェックポイントに入ります。



③で、空港にあるようなゲートをくぐり、カバンを


X線で検査されます。


そして③で携帯電話と電子辞書を預けることになるので、預り証番号の札をもらいます。




その後、いよいよ大使館内部で進入できるのですが、


やたらとドアが分厚い!





ドアをくぐると、なんと第二チェックポイントがあり、またゲートです!!


さらにカバンの中身をガードマンにチェックされて、からだ全体、金属探知機で検査されます。


なんと



クリップ1つでも、ダメです! 



金属探知機の感度はMAXでしょうね!


こんなに厳重なのか!



(空港よりも厳重!)
と思いながら、




無事全てのチェックポイントを通過して、ようやくアメリカ市民サービスをやってくれる建物内部へ進入することができました!


中はアメリカ人だらけで、英語が飛び交っています。



ネット予約した予約証を奥の方にあるトレーにおくと、少しして呼ばれます。

「日本人スタッフもいるので、日本語も通じる」という話しでしたが、私を呼んだ


アジア人女性(日本人)は、


ネイティブな英語



「お金をキャッシャーで払って、領収書を持って来い」と言っています。


パスポートを見て、私が何者かが分かるのに、何でこの女は英語でペラペラ話しかけるのか?


単に英語が上手いことを自慢したいのか? それとも見た目は日本人でも、英語しかしゃべれないアメリカ生まれの奴なのか? 単に性格が悪いのか? といろいろ考えながら、持参したUSD紙幣で30ドル支払い、窓口へ戻ると、またその女性が英語でペラペラ言ってきます。



で、その直後、他の職員から話掛けられると、


なんと、その女はネイティブな日本語で受け答えしたんです!


「!!!!!!!!!!!!!!!!!」


はっきり聞きました!間違いない!




その後、また私には英語でペラペラと話します。



「そんなにバイリンガルにありがちな優越感を味わいたいのか?」と思いました。


つまり、

(私はどっちでもできるけど、まずは、あんたには分かりにくい英語でしゃべり、もしあんたが英語が分からなくて慌てたら、あきれた感じで仕方がないなーと日本語で話してやるわ)




絶対、この思考パターンですわ!この女!




「絶対、性格が悪いんだな・・・」そう思いました(>_<;)



何かスッキリしないまま、公証で金髪アメリカンな女性が登場!

右手を挙げて宣誓し、15秒で公証は終了。



最後にサインを目の前を行います。

てっきりパスポートと同じサインかと思って漢字で書こうと思ったら、



何とアルファベットでの記入でした!



ちょっと漢字を書きかけてしまい、その後、アルファベットで書きました。公証人に聞くと、「書きかけ、そのままで問題ない」と言っていますが、ちょっと出願で一抹の不安が残りました。



でも、もう4枚1組でリングみたいなものに挟まれてしまい、差し替えはできないので、そのまま出すしかないですね。


最後に、アメリカンな女性が「What for?」と聞いてくるので、何のことか分かりませんでしたが、5秒後に気づき、「CPA Examination」と返答して全て完了!



昼間に抜けられるサラリーマンだと、公証もスムーズにできると思いますが、そうじゃないとちょっと大変ですよね。



ぜひとも応援クリックお願いします!

スポンサーサイト

[2010/06/05 10:18] 語学・資格 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/507-b1e54ef4




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。