スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

食べ物による窒息に注意! 

先日、お腹が減っていたので、急いでビーフンを食べようと思ったら、

喉に詰まって、


窒息しそうに


なりました!(>_<;)




そして、ふと、喉に詰まる ということは、どうゆう仕組みで、どんな場合になるのか に興味を持ったので、まとめておきます。


みなさんも、ご注意ください!


-------------------------------------------

乳幼児、高齢者で窒息がおきやすい食べ物

パン

水分の少ないパサパサした食べ物も喉につまりやすいものです。

乳幼児は、臼歯がないため食べ物を細かく噛み砕く能力が未発達であり、また高齢者は嚥下機能が低下したり歯がぬけていると噛みにくいことから、食べ物による窒息がおきやすいのです。気道が3~6 分間閉塞されると死亡することもあるそうです

食べ物による窒息の死亡者数は、厚生労働省人口動態調査の死因において、「食べ物の誤えんによる気道閉塞」に分類され、最近では毎年4 千名を超えています。また平成19年度 厚生労働科学特別研究事業として「食品による窒息の現状把握と原因分析」調査が行われ、全国の消防本部及び救命救急センターを対象として、事故事例機関を平成18年1月1日からの1年間実施し、消防本部は全国13ヶ所、救命救急センターは75ヶ所から回収しました。



窒息事故例の主な原因食品

主な原因食品の例 消防調査(432例) 救命救急センター調査(371例)
もち 77例 91例
「ご飯(おにぎり含む)」 61例 28例
パン 47例 43例
粥 11例 11例
だんご 8例 15例
あめ 22例 6例
カップ入りゼリー 8例 3例

(「食品による窒息の現状把握と原因分析」より)

厚生労働省に問い合わせたところ、この調査で使われている「カップ入りゼリー」は「こんにゃく入りゼリー」だけを指しているわけではないということです。   

もちは、昔からよく喉に詰まる食べ物として知られていますが、ごはん、パン、粥にいたる穀類が最も多く、そしてあめやだんご、カップ入りゼリーなどの菓子類がつぎ、その他にも魚介類、果実類、肉類など、本当に幅広い食品が原因となっています。

幼稚園の頃、大人は柔らかいと思って食べていたお肉の繊維が噛み切れず、咳き込んでなかなか出せなかった経験があります。

お粥のように柔らかいものでも原因になるのですから、成人の健康な人にとっては当たり前に食べられる食品も、乳幼児や高齢者にとっては、食べ方を気をつけないと、命とりになることもあるのですね。



◆リスクを減らすためには

ポップコーン

大人にとっては何気ない食べ物が、小さな子どもには食べにくいことがあります。

2008年5月内閣府食品安全委員会から出た告知では、リスクの高い食品を食べる場合には、食べやすい大きさにして充分にかむことと、また食事の際は、なるべく誰かがそばにいて注意して見ていることが大切としています。

また原因になった食べ物としては、前ページのもの以外にも、ナッツ類、ブドウ、プチトマト、ちくわ、たくあん、生のにんじん、棒状のセロリ、リンゴ、ソーセージ、ポップコーン、おせんべいなども紹介されています。

詳細は、
こちらですが、見るのが面倒な方のために、抜粋してご紹介しておきます。


食べ物による窒息事故を防ぐために

■乳幼児の場合
・誤って気管支に入りやすいピーナッツなどの豆類は3歳になるまでは食べさせない。急停車する可能性のある車や揺れる飛行機の中では食べさせない。

・あおむけに寝た状態や、歩きながら、遊びながら、ものを食べさせない。

・食べ物を口に入れたままの会話、テレビを見ながらの食事はさせない。

・小さな食べ物を放りあげて口で受けるような食べ方をさせない。

・食事中に乳幼児をびっくりさせるようなことはしない。

・乳幼児に食べることを無理強いしない。

・ 年長の子どもが乳幼児に危険な食べ物を与えることがあるので注意する。

・嚥下障害をもつ障害児では食べ物による窒息がおこりやすく、十分な注意が必要である。



■高齢者の場合

・だ液の分泌も少なく、咀嚼機能が低下するので、以下のような食物形態について注意が必要

加熱してもやわらかくなりにくいもの(いかやたこ、きのこ類など)

硬いもの(ナッツ類など)

厚みのないもの(海苔やレタスなど)

パサパサしたもの(パン、ふかし芋など)

繊維の強いもの(青菜類など)

また口の中が乾燥すると詰まりやすいので、

水やお茶等の


水分をとりながら


口の中を湿らせること
や、



高齢者ではきちんと噛むことができるように入れ歯などの調整も必要ですし、幼児では乳歯から永久歯に生え変わる時期等にも注意が必要でしょう。

今の時代は、家族だけで、乳幼児や高齢者のお世話をするとは限りません。様々な人が関わる場合、全員がこうした内容をを共有しておくこと、またもしも喉に食べ物が詰まった時の応急手当法なども併せて知っておくことが大切だと思います。

応急手当法も、内閣府食品安全委員会の「食べ物による窒息事故を防ぐために」に紹介されています。

ぜひとも応援クリックお願いします!









スポンサーサイト

[2010/01/14 20:41] グルメ・料理 | TB(0) | CM(2)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2013/03/30 16:31] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2010/02/08 21:39] [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/484-8a3a281b




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。