スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オートバイに轢かれないコツ 

ベトナムシリーズの続きです。

私はハノイに滞在している間、夕方から夜にかけて街を練り歩きましたが、その間に


バイクに


轢かれそうに


なった回数




50回以上!!




とにかく、バイクが多い!



P1150774.jpg





バイクが多いのがベトナムの特徴です!



P1150776.jpg






なぜ、50回以上も轢かれそうになるのかというと・・・



ベトナムでは、信号が少ない!


そのため、どうしても信号のない道路を横断しないと道路の向こう側にいけません!


地元の人たちは、バイクのガンガン通る大通りを



絶妙のタイミング



渡って行きます。



実践している地元の人をウォッチしてみました。




写真中央右にいる白い洋服のおじいちゃんに注目してください。




P1150754.jpg

おじいちゃん、タイミングを図っています。






P1150755.jpg

まずは、中央線まで一直線!

なんと反対側からは、白と赤の服を着た若者がやはり道路を横断してきました!



P1150756.jpg

おじいちゃん、残るは反対車線、タイミングを見計らい、ためらいなく再出発!

若者は中央へ!




P1150757.jpg

おじいちゃん、無事渡り切りました!

若者は中央線で立ち往生・・・




P1150758.jpg

若者、中央線から出発!





とまあ、こんな感じで、道路を横断するので、そのたびに


数台のバイクに轢かれそうになるわけです。



普通の日本人では、多分、恐ろしくて渡ることができないと思いますが、



あるコツをつかめば、大丈夫です。



そのコツをみなさんに伝授します。


これは、ベトナムに住んでいる日本人の方から聞きました。


道路を渡る際の秘訣は2つです。


1、道路を渡るときに


左右をキョロキョロ


あまりみない!




これは意外かもしれませんが、かなり大事です。



ベトナムでは、車 > バイク > 歩行者  という順番で、



車が一番、次にバイクがえらい!仕組みです。



そのため、歩行者がキョロキョロしていると、


「お前がよけろ!」


ということになり、バイクは避けてくれないので、危険なんです。



歩行者は、「周辺視野」を利用して、


バイクを視野に捕らえつつも、みないようにして渡るタイミングを図ります。


こうすることによって、「歩行者はバイクに気づいてないですよー」、「だからバイクがよけてね」


というシチュエーションを作り出すことができます。



そのため、結果的にバイクが、よけてくれる


という状態になります。




そして次に大事なのは、





2、一度道路を


横断しはじめたら、


同じペースで横断する





焦って、走ってはいけません!



事故の元です!





ゆっくり一定のペースで歩くことによって、バイクは歩行者のスピード、距離を予測して、それに対応するように避けてくれます。







郷に入らば郷に従え!




これを実践したので、私は轢かれませんでした!!




ベトナムシリーズは,応援クリック←お願いします
スポンサーサイト

[2009/03/20 23:56] ベトナム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/432-c0bc2e01




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。