スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

<高校新学習指導要領案>英語で授業…「自信ない」教諭も 


こんなニュースがありました・・・


英語で英語を教えることについて、
生徒からも「リスニング対策なら英会話のCDで十分。日本語で教えてくれた方が分かりやすい」(大阪府の高3男子)、「英語は楽しいので賛成だけど、受験のための授業とは別にしてほしい」(福岡市の高1女子)という要望が出ているそうですが、

In my opinion and referring back to my experience


英語は英語で教えるべきです!!

この方が、絶対に覚えが早い!


そもそも、受験英語と会話の英語を分けている日本人の考え方がおかしくて、


要するに、英語は英語なわけです。


単語を5000語も覚えて、とにかく声に出して覚えるようにすれば、
自然にしゃべれるようになります。

言葉なんですから、コミュニケーションが取れないと意味がないですよ。


可能ならば、日本人の英語教師よりも、欧米人の英語ネイティブが教えるべきでしょうね。


ぜひとも応援クリックお願いします!

スポンサーサイト

[2008/12/23 13:19] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/402-d76e2cd6




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。