スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冷凍食品事件は、食品テロか? 

最近、薬品入り食品事件が多発しています。

トリクロロロエチレン

メラミン

ジクロルボス



どんどん、化学物質に詳しくなります(汗)


最近、ジクロルボス入りインゲンの事件が起きましたが小さな穴があることから、誰かが注射器で農薬を注射したんではないか?と考えます。

特に、針の長い注射器ならば、ダンボールの上からも注射できますから、ダンボール流通段階から怪しいかもしれません。


もしくは、誰かが家で農薬を注射して、売り場に置いたということも考えられます。


最近、中国産から国産への回帰、中国産は買わないという事態になっていますが、全てが中国で問題が起きてるわけではないので、事件に乗じて誰かが意図的にやっているということも充分考えられます。



確かに、日本人と比べると中国人は


違法と合法の垣根が低いので、


すぐに飛び越えて「違法」の方向


にいってしまう




という面白い例えもありますが、わざわざ農薬を入れる食品会社はありません。

何のメリットもありませんからね。


早く、こんな事件はなくなって欲しいものです。


ぜひとも応援クリック←をポチっと押してください!!





スポンサーサイト

[2008/10/19 12:24] 社会問題・ニュース | TB(0) | CM(2)

食の安全が遠のくばかりですね。
どんなものにも毒が入っているんじゃないかと、つい邪推してしまいます。
[2008/10/19 21:29] としき [ 編集 ]

■中国食品安全問題の根源=何清漣―食品の安全が保障されないのは構造的な理由によるもの!!

こんにちは。中国、毒ギョウザ、毒ミルクの次は毒インゲンです。毒インゲンに関しては、未だ中国で混入されたどうかはわかりませんが、中国で混入されても特に驚くには値しません。これら頻繁におこる毒混入事件の背景には、実はたまたま発生したというのではなく、構造的な問題があります。この構造的問題は、「現代中国的利己主義」によるものであり、これを助長したのは、中国共産党一党独裁制です。中国で食品の安全を確保しようとした場合、この一党独裁制をやめていただく以外に道ありません。そうなると「革命でもおきない限り」是正されないということになると思います。
詳細は是非私のブログをごらんになってください。
[2008/10/19 14:16] yamada.yutaka@gmail.com yutakarlson [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/373-b076cf8c




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。