スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スキルの時代?? 

みなさん、こんばんは。

気になることがあったので、私の米国公認会計士の講座を受講に絡めて、ちょっと書きたいと思います。



米国公認会計士講座をやっている所って、調べてみると意外に少なくて、

1、アビタス

2、大原

3、TAC

4、プロアクティブ/グアム大学日本事務局


メジャーなところでは以上の4つくらいです。





私はTACを選びました。





それぞれの特徴を独断と偏見で書くと、

1、アビタス・・・やたら高い(65万円~70万円くらいする)

2、大原・・・44万円くらいで安いが、DVD通信講座がない!

3、TAC・・・DVD通信講座があり、Becker(TACのみでしかできない)という本番と同じ試験対策パッケージもあり、DVD講座でありながら、無料で通学もしても良い。価格は53万円

4、プロアクティブ/グアム大学日本事務局・・・DVD講座あり。価格は確か45万円くらいとまあまあ。テキストは英語のみで、4冊くらいしかない。ムダを一切省き、ポイントを絞った形で学習するというコンセプトには非常に惹かれたが、代表の佐○木さんの前髪がクリンクリンしているのが気に食わないので止めました。


コストパフォーマンスの一番優れているのが、TACだと思います。


ところでTACって、株式上場しているじゃないですか!ですから、優待券が存在するわけです。




優待券があれば、


10%引きで受講
できるんです!




というわけで、私はネットオーションで1500円くらいで競り落として、それを使用して代金を支払ったので、実際は47万7000円だったんです。



ところで、この優待券、 (オークション一括検索サイト)で検索すると、結構過去1ヶ月の落札価格が高いことに気が付くと思います。平均で1500円くらいでした。

季節要因なのかなーと思ったんですが、1年前の同じ時期を見ると1000円くらいの落札価格です。




相場が上がっている=需要が多い ということだと思いますが、つまり何か資格を取得しようと思っている人がとても増えてきているのではないか?

と思ったりしています。





昨日、ガイアの夜明けで派遣アルバイトをテーマとした番組をやっていましたが、



スキルがあれば、


もっと良い仕事に就けるはずです!



みなさんも頑張りましょう!(^^)


ぜひとも応援クリック←をポチっと押してください!!




スポンサーサイト

[2008/09/11 00:30] 語学・資格 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/361-31368023




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。