スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

伊藤和也さん 

みなさん、こんばんは。

ペシャワール会の伊藤和也さんが、殺害されたニュースが大きく報道されていました。


せっかくアフガニスタンのために頑張っていたのに、殺されてしまったとは、「恩を仇で返された」ということで、非常に残念というか、悔しいですよね。



人道支援も、命があってできるわけですから、現地の治安状況が悪化していることが認知できているのならば、NGOの責任者は外国人である日本人を引き上げさせるべきです。



なかには「こんな時だからこそ、支援が必要なんだ」とか言っていた某代表もいますが、はっきり言って、愚の骨頂です。



必ずしも、日本人がいることに意味があるわけではないですからね。



一番大事なのは、日本人が現地のリーダーを育てることであり、もし日本から国境を跨いで支援するというのならば、伊藤さんのような方が現地に根ざしてやるというよりは、1年くらいを目処に帰るようにするべきでしょう。


現地のことは、現地の人にやらせるべきですよ。


もし、これができないのならば、単なる自己満足に過ぎないと思います。


海外では、日本人は歩くお金です。特に治安の悪い地域ほどそうです。

1人捕まえて、日本政府を脅せば、億単位でカネが入るわけですから。(我々の税金ですけんど)


そんなわけで、もし、本当に海外が好きでその国のために尽くしたいと思うんでしたら、日本のパスポートは”捨てる覚悟”くらいは、欲しいですね。


やっぱり日本人だから、「最後は日本に戻りたい」とほんの少しでも思うのならば、身の安全を第一に考えて、危険を感じたらすぐに現地を離れるべきです。


危険と言われている地域に敢えていく人は、日本政府に迷惑をかけない、「一切助けはいらない」という誓約書とかを書くくらいの”覚悟”を持って行ってほしいです。


というか、行かないのが正解でしょうけどね。


海外にも、いい人はいます。ただ、悪い人もいっぱいいます。

日本人は、徴兵制もない温い世界で生きてきたので甘いです。


海外の状況を知ると、それを実感しますよ(経験者は語る)


ぜひとも応援クリック←をポチっと押してください!!

スポンサーサイト

[2008/08/28 23:21] 旅行・海外情報 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/356-f805d83b




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。