スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

拝啓 ポーリアン様 

少し大きい文字文字色みなさん、こんばんは。

シンガポールで暮らしていて、シンガポーリアンが嫌いになったら大変です。暮らしていけなくなりますからね。

でも、日本で育ってきた価値観を持っている私が、ポーリアンを見ていると、

「不満だ~!!」 というか「許せない」 というか、「物申したい!」ことが結構あります。

今日は、その不満をブログにぶつけます!

(ちょっと汚い言葉を使いますが、ご了承ください)


ポーリアン様へ

1、「お前らの”満員電車”は満員じゃないんだよ!甘い、甘すぎる!!」

シンガポールにも地下鉄があります。
MRTと言います。

Weekdayの朝は混むのですが、東京エリアで通勤ラッシュを経験した人にとっては、あんなのは通勤ラッシュになりません。

中央線、小田急線、埼京線等、朝は体を捻じ込ませて電車に乗り、基本的には360度周りにピタッと人がくっついた状態で通勤するなんざ、日本では当たり前です。

ただ、シンガポールで許せないのは、まだ入るスペースがあるのに、出入り口に人が立つと、その時点でホームにいる人が電車に乗り込むのを諦め、次の電車を待つのです。

そうすると、ホームで整列していて後ろの方にいた場合、電車を1本乗り過ごすことになります。これが許せない!!


「乗れよ!」


と思います。

最近では、このような場合、東京で経験したテクニックを駆使して乗り込みます。出入り口がいっぱいの場合、お尻から入り、ドアの上を手で押さえながら、乗り込みます。

こんなの、日本では当たり前です。

このアクションをやると、第二に許せないことが発生します。

それは


「満員電車でちょっとくらい触れたからって、いちいち睨むな!」


という不満です。

なぜか分かりませんが、他人に触れられるのを極端に嫌がります。


なぜかポーリアンは敏感です。


このような習性のため、「満員電車」と言っても、シンガポールでは日本と違い、触れ合うことがありません!


だから「甘い!」と思うわけです。


「お前ら、それで日本で仕事できると思っているのか!?」「お前らには絶対無理だな」 と勝手によく分からない優越感に浸ったりしています(笑)


逆に言うと、日本の状態の方が異常なのかもしれませんが(苦笑)




2、「お前ら、辛いの食べ過ぎて、味覚麻痺しているんじゃねぇの??」

ポーリアンは、辛いもの好き。

デザート以外は、全て唐辛子ソースのようなものをかけたり、付けたりしています。

店を選ぶ基準も、料理が美味しいではなく、

「○○の店の唐辛子ソースは美味い!」というわけの分からん基準で選んでいます(笑)。

唐辛子ソースは、基本的には自家製であるため、店によって微妙に味が違っています。が、個人的にはそんなに大差はないと思っています。




3、「お前ら、食い物の話ばかりしてんじゃねぇよ!」

ローカルスタッフの会話です。

いつも11時くらいになると、お昼ご飯の話題になります。

早いと10時半からです。

「今日は何食べる?」


「ダックライスはどう?」


「ダックライスだったら、○○の店よねー」














面白かったら応援クリック←お願いします!
スポンサーサイト

[2007/09/26 22:35] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/236-2655a640




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。