スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ポーリアンの考え 

これから、
シンガポール人(シンガポーリアン)のことは



ポーリアンと呼びます。



なぜって、響きが面白いからです(笑い)


さて、前回書いたとおり、シンガポールでは家賃が非常に高騰しており、今ならば、高い値段で家を売ることができ、高い値段で家を貸すことも可能です。

物件を探していると、以下のような状況によく出くわします。



年齢40歳代、


独身女性のオーナーが、


自分の住んでいる家を貸す




でも、これでは自分の住む家がなくなってしまいます。


どうするつもりなのかと聞くと


「自宅は貸して、私は友人と一緒に住む」


このパターンが圧倒的に多い!


少なくとも、現在ならば、非常に高い家賃が取れるため、金に強欲なポーリアンは、いまがチャンスとばかり、貸しているようです。


日本人にはない発想です。



毎日継続のためにも応援クリック←お願いします




スポンサーサイト

[2007/09/18 01:12] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/232-5aa90b7a




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。