スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

実にショックでした → 水曜日 

Wednesday



誰がどう読んでも、ウエンズデイ!


でも、シンガポールでは違います!



ありえない!ありえません!




私も最初は気付きませんでした。

ある会社を訪問し、その社長さんが、実験するまでは・・・。


ある日、Y社長の会社を訪問しました。

この社長さん、とっても気さくで面倒見が良く、見た目は厳しそうですが、実は優しいといった方です。

英語の話題になった時、自ずとシングリッシュの話題になりました。



OKラ(Ok lah)、 OKよ


ソーリーヤ( Sorry ya)、  ごめんね




以上の2つは有名なSinglishですが、まさか「水曜日」があんなんだったとは!


社長は、応接室から事務所に行き、あるシンガポーリアンを呼びました。

年齢は50歳、女性。


社長は、紙にWednesdayと書き、



彼女に「これどう読むの?」


と質問。


すると、「はあ??なんだそれは!?」


という答えが・・・(汗)


耳を疑いしました!!!


次の瞬間、Y社長がすかさず


「Is that English??」




と聞くと彼女は力いっぱい返答しました!




「Yes, English!!!」






No!!!!!!


私は心の中で叫びました!!!!!



「違う!絶対違う!」




想像を超越した読み方を知りたい方は、また応援クリック←を押してから!
スポンサーサイト

[2007/05/03 23:10] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/197-b58cbe2f




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。