スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リリーと対決か? 

22日、いよいよリリーとバトルする日が来たか・・・

と思いきや、朝は忙しくて説明できませんでした。

帰ってから説明しようと思い、ちょっと早めに21時に帰宅しましたが、既に寝ていました。

老人は寝るのが早い・・・

仕方ないので、私も早く寝て、明日の朝、早く起きて、リリーさんに説明しようと思いました。

リリー家脱出には、1つ大きな障害があります。

それは、デポジット(預かり金→敷金みたいなものです)

770ドル
取られていることです。

このデポジットは、

契約を満了しないと返してもらえません

現在の状況ですが、もちろん満了前に出て行くので、通常ではデポジットは戻ってこないわけです。

ただ正確に言うと、

現在は無契約状態で住んでいます(笑)

契約書は、確かにもらいました。

でも、私はまだサインしていません。

私の希望は3ヶ月契約で、契約満了毎、何も申し出がない場合は、1ヶ月前通知で出て行くという契約を希望していました。

しかし、リリーの野郎、勝手に12ヶ月契約にしたのです。

話しても埒があかないので、契約書にはサインしないまま、現在まで過ごしてきました。

リリーさんは字が読めないので、契約書自体、もらってもあまり分からないということもあり、そのまま問題なく来ました(笑)

ただし、やっぱりデポジットを捨てるのはもったいないので、取り返したい!と思い、一計を案じました。

「次のテナント(賃借人)紹介作戦!」

詳細は割愛しますが、次の人を紹介して、間髪いれずにテナントが入ることにより、リリーさんからデポジットを返してもらおうという作戦です。

彼女にとって、エージェントに仲介手数料を支払う必要もなく、時間をあけず次の人が入るわけですから、預かっていたデポジットを返す理由が充分にあるわけです。

まあ、私のケースの場合は、20日間前通知で、3ヶ月くらいしか住んでいないので、通例から考えるとデポジットがなくなっても仕方ないんですけどね。

というわけで、その下準備をしてから、寝ました。

明日早朝、いよいよ対決です!


リリーとのバトルを読みたい方は、応援クリック←お願いします
スポンサーサイト

[2007/02/22 00:54] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/169-c5ea9747




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。