スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リカと再開 

今日は、ぜひその後の近況を話したいということで、リカと会いました。

図書館で待ち合わせしたつもりだったのですが、library=本屋と思ったらしく、奴は本屋で待っていました。
恐ろしく、ダメダメな語学力です。

単語量や文法力では、私の方がはるかに上のはずなのに、インドネシアンは非常に流暢な英語を話します。ある意味、私よりも上手かもしれません。

そんなリカと図書館と会ったのですが、彼女はインドネシアンのメイド仲間を1人連れて来ていました。

名前は、「ナー」。18歳。ただし18歳では、インドネシアからシンガポールに来ることができないため、偽装結婚してくるそうで、彼女も友人の男性と偽装結婚したそうです。

もちろん、ナーもメイドです。彼女は家主から20ヶ月も無給で働かされており、大使館に逃げ込んだと言っていました。

午後2時に待ち合わせで、メシを食っていなかったので、とりあえずマックで軽く食べました。

相手は月給たったの300ドルのメイドですから、必然的に私がおごってあげる状況でした。
まあ、安いものなので、良かったのですが、「なんかおごってもらって当たり」みたいな態度は、かなり気に食わなかったです。

リカは、新しい雇い主が見つかり、その人はアメリカンだそうです。広い部屋も与えられて、結構満足そうでした。

いろいろ話をしましたが、元気にやっているようで何よりでしたが、まさか、あんなことになるとは、この時は想像できませんでした。

応援クリック←お願いします

スポンサーサイト

[2007/01/21 23:12] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marketmaker.blog70.fc2.com/tb.php/135-39b0b574




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。