スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シンガポール・マレーシアでの紅茶・コーヒーの注文方法 テイシーコソン! 

シンガポールでミルクティーが飲みたくなったら、


「ミルクティー、プリーズ」なんて注文すると、


超甘い、

ミルクティー

が出てきます!!(>_<;)






紅茶は だいたいミルクティーなのですが
ミルクはミルクでもコンデンスミルクが入っているからです!!!



例えば、砂糖無しミルクティーを飲みたい場合、「ミルクティー no sugure」なんて言っても、もともと砂糖なんて入っていないので、「はあ?」みたいな顔をされたりします。






シンガポールでスマートにコーヒー・紅茶を注文したい場合は、以下の表を参考にしてください!!!




これで注文できれば、あなたもシンガポール通だ!!!























紅茶の注文方法



※コーヒーの場合は

「テー」を「コピ」に変える
砂糖入り 微糖 無し
エバミルク入り テイシー

Teh C
テイシーシウタイ テイシーコソン
エバミルク無し テイオー

Teh O
テイオーシウタイ テイオーコソン







冷たいのを飲みたい場合は、



後に「アイス」




(シングリッシュで、「アイスァ↑」



と付ければOK!!!



微糖の場合の シウタイ は


シュー↑ ター↑イ


と抑揚を付けて言うと通じやすくなります。



ちなみに
koson(コソン)というのは、マレー語で、「無」という意味なんですよ!




こんな摩訶不思議な言葉で、注文できるからシンガポールは不思議です。

(桃子さん、ぜひ、これで注文してきてください)



普通に「コーヒー」「ティー」と頼むとむっちゃ甘い練乳が有無も言わさずにどばーっと入ってきて、いちばん単純なブラックと言っても通じにくく、やっぱり上記のように言うのが一番なわけです。




ちなみにコピティアム(代表的なフードコートの名前)にて、「コピ・オー・コソン(ブラックコーヒー)」などというものを注文すると、


ウェイトレスに「正気かコイツ?」という目で見られます。


そんな苦いものを選んで飲む人間がこの世に存在することがシンジラレナイようです(笑)




ぜひとも応援クリックお願いします!



スポンサーサイト

[2010/06/21 22:13] シンガポールライフ | TB(0) | CM(1)

蘇州のまずい飯 



先日は、上海出張で蘇州まで行ってきました。

蘇州までは自動車で1時間もあれば着きます。

朝8時に出発すれば9時には蘇州に着いて、9時半のアポイントには間に合う予定でした。

車で約45分ほど走った時点で



高速道路が大渋滞!!

P1180468.jpg




すぐに渋滞が終わると思いきや、延々と渋滞!!!


P1180467.jpg





確実にお客さんのところには間に合わないと判断し、すぐに電話連絡をしてアポイントを変えてもらいました。


P1180470.jpg

P1180471.jpg



で、渋滞の原因は、なんと事故!



それもトリプル事故です!





第一の事故らしい痕跡 ↓

P1180469.jpg




故障車が、道路のど真ん中で停車して、渋滞に拍車をかける!!!

P1180473.jpg




トレーラーも眠くなったのか!?、突然、止まる!!

P1180472.jpg




まさに無法地帯!!!




一番大きかったのは、乗用車の前部大破


P1180476.jpg







大型トレーラー


の横転


+中央分離帯


への乗り上げ


でした。





P1180474.jpg



分かりますか?写真中央にトレーラーが中央分離帯でひっくり返っています。

P1180475.jpg




さすが中国!



事故もダイナミックです!




事故を抜けると、スイスイ動きました。

P1180477.jpg





で、無事蘇州に着きました。


工業団地は、何もないところですね(汗)


P1180478.jpg

バッタもいない感じ・・・




お客さんを訪問した後、お昼ご飯を食べるところを探しました。










できれば日本食を食べたかったのですが、そんな気の利いたものはなく、適当に見つけた超さびれた地元、労働者が行くような食堂に入りました。














これが問題の食堂だ!↓

P1180483.jpg





労働者が行くような食堂は、自分でおかずを指差して、店員に盛ってもらう方式です。


これはシンガポールで言うとエコノミーライス(経済飯)、アメリカで言うとパンダエクスプレスという方式、まあ日本で分かりやすく言うと、SUBWAYでサンドイッチを作る際に、どの具を入れるか指差して言うのと同じです。


運転手と上海のスタッフが、スタスタと店内に入り、当たり前のようにお盆を取って、おかず選びに入りますが、私は見慣れない


殺風景で



薄暗い店内の



雰囲気




にちょっと戸惑っていました。

P1180480.jpg








刑務所の食堂???





P1180482.jpg





そんなイメージを抱きながら、おかずを選び、おばちゃんに指示をすると、おばちゃんが皿に盛ってくれますが、


必ずおばちゃんの




指が、おかずに




入っています!!!!!!(爆)






いま日本ではあり得ないシチュエーションであるラーメン屋でラーメンを出すご主人の指がスープに入っている、という漫画のような感じです。





おかずを3品選びましたが、



100%指が入っていました。






次にご飯を取るのですが、



既に漫画盛り(山盛り)状態でスタンバッており、そもそも長粒米でパサパサなのに、拍車をかけてパサパサの状態でした。もちろん、食べきれないので、半分に減らします。




あと最後に無料の変なスープが付きます。(>_<)





いつも出張に行くと、なぜか私がご飯をご馳走することになっており、3人分の支払いをするのですが、料金はなんと



16元!(日本円で224円!)



3人で、224円ですから、



1人75円くらいですわ!!!(爆)





よく考えたら、そりゃそうかもしれません。オカズ1品1元(14円)、1.5元、高くて2元ですからね(笑)




1品1元(14円)なんて駄菓子屋かっ!



と突っ込みたくなります(笑)




これが、1人前75円のオカズ達とご飯だ!!!!!

P1180479.jpg







運転手さんと上海スタッフの横に座ろうと思ったら、木の椅子がささくれており、飛び上がってしまう痛さだったので、別の場所で食べました。


なんという変な食堂なんだ!






一口食べると、うむむ・・・






























まずい、マズイ、不味い!!!!!!!!!!!!


(>△<;)うぅ












まずさのハーモニー を見事に奏でています!





インゲン豆は、畑から取ってきて水洗いもせずに、そのまま油に突っ込んで、調理したのがアリアリと分かる泥味がします。



豚とジャガイモの煮たものは、一味どころか、2味も3味も足りない感じです。



全てのオカズが、とにかくぬるい!



まあ、ぬるいから、指が入れることができるんでしょうね。












食べながら、ふと、おばちゃんを見ると、




指で鼻をかんでいるじゃないですか!!!










「ウぉー!!!」(>O<;)





肝炎キター!か?






って、心で叫びました!(汗)




スープは、水道水をそのまま沸騰させて塩を足しただけの、シンプルな味。




ご飯は言うまでもなく、ぬるくて、不味い!

こんなご飯を労働者たちは、黙々と食べています。


さすがに私は、黙々となんて食べられなくて3/4以上残しました。

見ると上海スタッフもほとんど残していました。


でも、運転手は完食!!!




車に戻って、運転手と上海スタッフに感想を聞くと2人とも口を揃えて、






「あんなに


不味い食事


をしたのは、


久しぶりだ」
と言っていました。






私が運転手に


「不味いのに、何で完食したんだ??」



と質問すると、

















「いやー、


お腹が空いてたら、


食べちゃうのさ♪」(笑)



と笑って返事をしてました。




なるほど、空腹は最大の調味料ですね(^^)




それにしても、ああゆう変なお店には

肝炎になる可能性があるので、これからは行かない方がいいですね。

変なお店しかなかったら、これからはお菓子で済まそうと思いました。


面白かったらぜひとも応援クリックお願いします!





[2010/06/20 10:58] 旅行・海外情報 | TB(0) | コメント(-)

US CPA願書 アメリカ大使館 公証のために進入! 

米国公認会計士試験を受けるには、願書を提出する必要がありますが

その願書には、



公証(notarization)を受ける必要があります。



公証を手っ取り早く、安く受けるにはアメリカ大使館に行くのが一番です。


で、まず、公証を受けるためには、アメリカ大使館のホームページから予約をしないといけません。



ホームページの作りが非常に分かりにくいため、予約のこのページまで辿り着くのも一苦労です。(← 苦労しないようにリンク貼っておきました)



※ちなみに、行きたい日の1、2週間前に予約しておく必要があります。



-----------------------------------

先日、公証を受ける当日がやってきたので、アメリカ大使館へ行ってきました!



アメリカ大使館のガードは非常に固いです!



以下の地図を参考にしながら、読んでください。


usaen.png


歩道を歩いていると、①で警察官に「何の用ですか?」と声を掛けられました。


まだ、大使館の正面でもないところで、質問されたのできょとんとしましたが、


「公証を受けに来ました」




というと、その警察官は、ボキャブラリーが少なかったのか、“公証って何だ?”って顔をしながら3秒ほど固まっていましたが、通してくれました(笑)。



もっと勉強してくれって感じです(>_<)




で、いよいよ大使館に入ろうとすると、②で来訪目的を聞かれて、パスポートで身分チェックをされます。その後、携帯電話と電子辞書をトレーに出します。



その後、分厚いドアを抜けて第一チェックポイントに入ります。



③で、空港にあるようなゲートをくぐり、カバンを


X線で検査されます。


そして③で携帯電話と電子辞書を預けることになるので、預り証番号の札をもらいます。




その後、いよいよ大使館内部で進入できるのですが、


やたらとドアが分厚い!





ドアをくぐると、なんと第二チェックポイントがあり、またゲートです!!


さらにカバンの中身をガードマンにチェックされて、からだ全体、金属探知機で検査されます。


なんと



クリップ1つでも、ダメです! 



金属探知機の感度はMAXでしょうね!


こんなに厳重なのか!



(空港よりも厳重!)
と思いながら、




無事全てのチェックポイントを通過して、ようやくアメリカ市民サービスをやってくれる建物内部へ進入することができました!


中はアメリカ人だらけで、英語が飛び交っています。



ネット予約した予約証を奥の方にあるトレーにおくと、少しして呼ばれます。

「日本人スタッフもいるので、日本語も通じる」という話しでしたが、私を呼んだ


アジア人女性(日本人)は、


ネイティブな英語



「お金をキャッシャーで払って、領収書を持って来い」と言っています。


パスポートを見て、私が何者かが分かるのに、何でこの女は英語でペラペラ話しかけるのか?


単に英語が上手いことを自慢したいのか? それとも見た目は日本人でも、英語しかしゃべれないアメリカ生まれの奴なのか? 単に性格が悪いのか? といろいろ考えながら、持参したUSD紙幣で30ドル支払い、窓口へ戻ると、またその女性が英語でペラペラ言ってきます。



で、その直後、他の職員から話掛けられると、


なんと、その女はネイティブな日本語で受け答えしたんです!


「!!!!!!!!!!!!!!!!!」


はっきり聞きました!間違いない!




その後、また私には英語でペラペラと話します。



「そんなにバイリンガルにありがちな優越感を味わいたいのか?」と思いました。


つまり、

(私はどっちでもできるけど、まずは、あんたには分かりにくい英語でしゃべり、もしあんたが英語が分からなくて慌てたら、あきれた感じで仕方がないなーと日本語で話してやるわ)




絶対、この思考パターンですわ!この女!




「絶対、性格が悪いんだな・・・」そう思いました(>_<;)



何かスッキリしないまま、公証で金髪アメリカンな女性が登場!

右手を挙げて宣誓し、15秒で公証は終了。



最後にサインを目の前を行います。

てっきりパスポートと同じサインかと思って漢字で書こうと思ったら、



何とアルファベットでの記入でした!



ちょっと漢字を書きかけてしまい、その後、アルファベットで書きました。公証人に聞くと、「書きかけ、そのままで問題ない」と言っていますが、ちょっと出願で一抹の不安が残りました。



でも、もう4枚1組でリングみたいなものに挟まれてしまい、差し替えはできないので、そのまま出すしかないですね。


最後に、アメリカンな女性が「What for?」と聞いてくるので、何のことか分かりませんでしたが、5秒後に気づき、「CPA Examination」と返答して全て完了!



昼間に抜けられるサラリーマンだと、公証もスムーズにできると思いますが、そうじゃないとちょっと大変ですよね。



ぜひとも応援クリックお願いします!


[2010/06/05 10:18] 語学・資格 | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。