スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国で食事する際に気をつけて! 

恐ろしいことを

知ってしまいました(汗)



以下は、読まない方が良いかもしれません。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓














↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓








↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓










↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓










↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓




南京に駐在していた日本人の方から聞いた話です。


ある日、彼が中国人の同僚と一緒に食事に行ったら、



「あなたは料理が来るまで、一言も喋るな!」


と中国人同僚から言われたそうです。



そこは南京、日本人に対する印象は良くありません。



南京で日本人がレストランに入ると、料理に


「鼻くそ とか フケ とか 雑巾の絞り汁 とか 唾液 とか 痰 とか とにかく いろんな変なものが入る」んですって。(>_<;)ギャー



「変なものを入れられると嫌だから、黙っていろ」
 というのが、その理由でした。


言われてみれば、私が北京に居たときに、日本人の知り合い2人と一緒に火鍋屋に行ったら、



しらたきの代わりに、


ビニール紐が入っていて、


クレーム付けても相手が驚かなかった




というシチュエーションに出会ったことがあります。


あながち嘘ではなさそうかもしれません・・・(汗)


ぜひとも応援クリックお願いします!


スポンサーサイト

[2009/07/30 18:12] 旅行・海外情報 | TB(0) | コメント(-)

セブンイレブンの値下げ問題 やっぱり会計方式を変えてきた 

続きです。

今日の日経新聞に小さく載っていました。

「加盟店が仕入れ価格を下回った販売価格を設定した場合には、発生した損失分を加盟店が負担する」


※ここは、です!

「基本契約書を一部改定」とも書いてありました。


要するに、こうすることで、ロイヤリティの取りっぱぐれを防げる


わけですね。


なんかセブンイレブンを見ていると、

環境という側面からあまり考えていないような気がします。



ちなみに、コンビニで廃棄する量は、1店舗あたり8・45~12キロとなり、標準的な弁当で20~30個、おにぎりで70~100個程度が毎日各店舗で捨てられている計算となります。



ファミリーマートが、

廃棄ロスと機会ロスの減少という

二律背反を解決するために、冷凍弁当の導入を検討しているみたいですが、この姿勢は立派だと思います。

こうでなくっちゃ!

ぜひとも応援クリックお願いします!


[2009/07/29 23:12] 環境問題 | TB(0) | コメント(-)

コンビニ 見切売りで本部が圧力をかける本当の理由 

セブンイレブンで公正取引委員会から排除命令がありました。


「セブンイレブン本部が圧力をかけて、値引き販売をさせないようにしている」

その理由は、

・スーパーとの価格競争に巻き込まれる。

・ブランドイメージ、消費者の信頼が失われる

本部、加盟店に、何のメリットもない!


ニュースでは、このように報道されていますが、


真実は全く違います!


本部が反対する理由を一言で言うと


「本部の儲けが減る」


からに他なりません。



ここからは、会計とか簿記の知識がないと分かりにくいかもしれませんが、コンビニでは俗にいう「コンビニ会計」という特殊な会計方式を使っています。


俗にいう「粗利分配方式」と呼ばれるものでして、コンビニ本部は、「売上総利益」を加盟店:本部=7:3なり、6:4なりで加盟店と山分けしてます。

わかりやすく数字で説明すると

売上     2000万円
売上原価  1400万円
売上総利益  600万円

この600万円を上記比率で分けるわけです。

仮に6:4で分けた場合、加盟店の売上総利益(加盟店総収入)は、360万円(本部の取り分は240万円)になります。ここから人件費なり、お弁当などの廃棄した金額が引かれます。


なぜ加盟店が不満に思っているのかというと、本部は粗利益(売上総利益)から一定金額を抜いた後に、廃棄は100%加盟店持ち、それなのに、本部は、「廃棄が少ないから、売り足りていないのでは?(もっと廃棄を出しなさい)と言い、多めに商品を発注するように指導する(圧力をかける)」ためです。



ところで、もし加盟店がスーパーみたいに売り切るために値下げをするとどうなるのか?

たとえば、以下のようになります。

売上     2000万円
売上原価  1500万円
売上総利益  500万円

最初に記述した例と比較すると、売上原価が100万円増えていますよね。値下げすることにより、仕入原価が上がったことになるためです。したがって、利益が減ります。

利益が減れば、6:4でロイヤリティを配分したときには、本部の取り分は200万円になります。上記の例より40万円減るわけです。

一方で、加盟店の売上総利益(加盟店総収入)は、300万円になり、上記の例より60万円減りますが、たとえば、廃棄になるべき弁当を半額で値下げを1ヶ月間やった時の値下げコストが100万円分増えることにより、廃棄が80万円減れば、結果的に20万円の収入増となるわけです。


簡単にまとめると、

値下げをすると

・本部の収入は確実に減る一方で、加盟店の収入は増える可能性が高い(※但し、値下げ幅にもよります)

と言うことができると思います。


見切売りに反対のオーナーが6割いるそうですが、その6割は、儲かっているオーナーなんでしょうね。もしくは、本部から何らかの便宜を受けているのかもしれません。


もちろん、値下げしないに越したことがありませんが、売り切る努力をする1つの方法として、値下げをしても全く問題ないのではないかと思いますよ。



ブランドイメージを下げるとか、信頼感を失うとか言っているのは、まさに建前。


値下げをしてイメージが損なわれるならば、何で親会社のスーパーで、毎日のように見切り売りをしているんでしょうね。


日本は11兆トンもの食糧を捨てています。
アメリカでさえ6兆トンです。

私は、コンビニが大きなウェイトを占めていると考えています。


地球環境にやさしいシステムで店舗運営をしてほしいものです。


ぜひとも応援クリックお願いします!


[2009/07/04 23:24] 社会問題・ニュース | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。