スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

謎の男登場 

こんばんは。

本日、日本に戻ってきました!

桜が咲いていますけど、結構寒いですねー(>_<;)

さて、早速、続きです!

我々がかなり深刻な話をしているところに、
謎のシンガポール人が突然、話しかけてきました。


謎の男:「日本人ですか?」

我々:「はい」

謎の男:「お金を日本に送りたいんだけど、日本語で説明できないから、通訳してくれないか?」


男は誰に話すでもなく、我々全体に話しかけていてましたが、我々はそんな余裕はありません。


この大変深刻な事態に、愛想笑いすらできない状況にもかかわらず、その男は事情を説明し出しました。


全員、面倒くさいなーと思いながら、男の要求を断ろうとしましたが、その男は困っているらしく、どうにかお願いできないか?としつこく頼みます。


このような面倒ください話は、当然、下っ端である私に振られ、


上司A:「じゃー、あと対応してやってくれ」と言って、さっさと引き上げていきました。


上司たちは、先に引き上げて何をするかは明白です。




私の部下に、勝手に契約書を


捨てたのかどうかを確認する






これしかありません。


怖いのが、シンガポール人部下が、いわゆるmake story(作り話)をして「私に指示されてやった」と言った瞬間、



私の無実の有罪が確定します(笑)



まるで、痴漢をしていないのに、「女子高生があの人がやった!」と言ったら、それがまるで事実のように取り扱われ、有罪になるのと同じようなプロセスになってます。



シンガポール人は、自分を守るためならば、平気で嘘をつく方が多く、この点が非常に心配でした。
→これ結構、マジです。



私は謎の男の依頼をこなし、会社に急いで戻りました。




会社に戻ると、上層部の方々は一切反応なく、



まるで何事もなかった



かのような状態になっています。




「一体私がいない間に何が起きたんだ?」



私は気になって仕方ありませんでした。上層部が別室に行った瞬間を見計らい、中国語で契約書を捨てた張本人である彼女に聞きました。(日本人に対して秘密の話をする場合、中国語は便利ですね、笑)



私:「契約書の件、何か聞かれた」


女性:「はい、社長が帰ってきてから「ちょっと来て」って呼ばれて、契約書の件を質問されたので、古日付のものだったので捨てました」って言ったら、



「今度から捨てたらダメだよ」


って言われました。




私:「えっ!? それだけ??」



女性:「はい、それだけですよ、笑。古い日付なんだから、基本的には問題ないですよ。心配しすぎですよ」



おいおい!




さっき私はまるで



東京裁判のA級戦犯



のように吊るし上げられて



いたのに、ローカル社員には、



なぜこんなにも



甘いんだ!?





納得がいきません。。。。。(。_。;)



今回、ラッキーだったのは、彼女が深刻さを理解していなかったため、逆に身を守るということで嘘をつかなかったわけですが、もし、逆でしたら、大変なことになっていたでしょう。



この事件はローカル社員が100%悪かったということで納得!?していただき解決!?



今後は、ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)をもっと徹底させてないといけませんね。。。



まだまだ事件が続きます!



この続きは、ぜひとも応援クリック←を押してから!!

スポンサーサイト

[2008/03/31 23:34] シンガポールライフ | TB(0) | CM(0)

明日の昼に出発しますが・・・ 

まだ荷物の整理が終わっていません(>_<)

やばいっす。

続きは、もうちょい待ってください!


[2008/03/30 01:47] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

ジェット・ストリーム・アタック!!!! 

ジェット・ストリーム・アタック!


ガンダム世代の方なら、誰もが知っているこの攻撃フォーメーション。




三位一体で攻撃してくるので、攻撃を受ける方にしては



かなりハードな攻撃内容になります。




イメージとしては、攻撃をうまくかわしても、すぐに次の攻撃が来る!ということです。



時間は12時のお昼休み。昼食に行く途中でした。




「契約書が消えて



なくなりました!」




という激白をすると、聞いた瞬間、上層部の方々の顔面が硬直し、3秒後、



なぜか笑みがこぼれました(汗)



内容があまりにも、深刻すぎたので、逆に笑うしかないというのはすぐに理解できました。



上層部A:「どうゆうこと??」




私:「(某)申請書を作成中に、直近の契約を確認しなければならず、確認しようとしたら先月まであったはずの契約書一式がなくなっていました。ローカル事務員に確認したところ、日付が古いので捨てた」と言っていました。



上層部B「普通、捨てないだろ。君が「いらない」とか言ったから、捨てたんじゃないか??」



私「重要性は認識しているので、そもそも聞かれたら「Keep」と言います」



上層部C「その契約書はファイルに綴じていなかったの」



私「完全に処理が終わっていない状況ですので綴じていませんでしたが、Keepする旨はクリアファイルに書いて、ファイルに挟んでありました」



上層部B「A事務員は長年、勤めているんだから、サインのしてある契約書は捨てないだろ。君が何か言ったんじゃないか??」



私「そもそも質問を受けた記憶がありません」



上層部A「そうは言っても、普通に考えて事務員が勝手に自分の判断でサインのある契約書を処分するかー?? 指示間違えしたんじゃないか?」



私「・・・・・(!!??なぜ上層部は、私が原因で事件が起きたというのを前提に話を進めるんだ!?)



上層部B「なぜ気づいたの?」


私「申請書を書くときに、直近契約を確認しなければならなかったからです。その時に気づきました」


上層部A「何でもっと早く申請書を書かなかったんだ??早くやっておければ、もっと早く気づいただろ」


私「・・・・(あれ!?なぜ私が悪いという流れになっていくんだ??)



私「(某)情報が確認中でして、すぐに申請書がかけなかったためです」



上層部A「そんな(某)情報なんて、適当に書けばいいだろ!あまり関係ないだろ!」



※ここがいつも困るのですが、適当に書いているところを発見すると「適当に書くなと指摘され、時には適当に書けと言われる」匙加減が全く分かりません!



確かに私は彼女の上司ですので、彼女のミスの責任は私にあります。


ただ、社内体制がシステマチックではなく属人的な個人プレーになるような緩いシステムの中で、ミスが起きたら私のせいになるのは組織人としてではなく、個人的には納得できません。

社内体制等に関しては、そもそも意見具申をできるような組織風土ではない状況にあり、トップダウンでの意思決定だったので、私の職位は管理者でも、プレイヤーのような扱いになっていました。


要は、肩書きは管理者でも権限はほぼ何も無かったということです。


まとめると


「シンガポール人社員に甘く、


日本人社員には厳しい」
というか、



日本人の場合は日本語で話せますから、

言いたいことをズバズバ言う。

一方、ローカル社員は、怒られると

すぐに辞める可能性があるので、

強烈に怒らない。そんな傾向が

顕著にあります。




以上のように、なぜか私のせいにしたがる上層部の方々。


こんな中では、食欲もわかず、おかず残してしまいましたよ(>_<)


私が、こんな感じでなぜかどんどん追い詰められていると、



突然声をかけてくる見知らぬ男性が登場!



この男性、天使なのか悪魔なのか??



この続きは、ぜひとも応援クリック←を押してから!!






[2008/03/29 07:47] シンガポールライフ | TB(0) | CM(1)

爆弾事件発生!!! 

事実は小説よりも奇なり 



最後にしてあり得ない状況が発生しました!!!(笑うしかない)




超大型爆弾が投下されましたよ!!




何が起きたかというと、この締めの忙しい時に、ローカル社員がやってくれました。



ローカル社員のミス = 私の責任 になるのですが、


なんと私のあずかり知らぬところで、先月、そのローカル社員は、



約3200万円の契約書を


綺麗さっぱり、シュレッダーに


かけて処分してしまった


んです!!(爆)




聞いた瞬間、


_| ̄|○ 腰が砕けました!!!



おいおい、飛ぶ鳥後を濁さないように飛ぼうとしているのに、何をやっているんだ!!??



本人に事を重大さを確認したのですが、重大であることが分かっていなかったようです。

(まあ、分かっていたらやらないですよねー)


かなり特殊な案件だったのですが、


黙って契約書を処分するなよ! と

叫びたかったです(でも叫べなかった)




この状況を上層部へ報告しなければならないのですが、

かなり気が引けました。



私が 1年半 シンガポールで働いてきた中で



今回の事件は、最強最悪のケース


であることが 十二分に理解できていたからです。


言った瞬間、何されるか分からないという内容の事件です。



この締め間際に、


3200万円の契約が


消えるわけですから。



※お客さんから再度契約書にサインを頂くことは不可能という特殊な状況。
 詳細の説明は、社外秘のため省略させていただきます。





言いたくないけど、


悪いことはすぐに上司に報告する。



これは、確かK師匠から教授されたことだったと思いますが、その教えに従って勇気を出して言いました。




「契約書が全て消えました!」




言った瞬間、上層部の方々の表情が一遍し、イスラエルのガザ地区にいるような緊張感が発生!!!



この後、私は上層部からのジェット・ストリーム・アタックを受けることになりますが、


この続きは、ぜひとも応援クリック←を押してから!!
[2008/03/27 22:52] シンガポールライフ | TB(0) | CM(1)

連日15時間労働 

みなさん、こんばんは。

シンガポールライフもとりあえず、残すところあと5日、仕事は今日を入れるとあと3日になりました。
(いま21時半現在ですが、まだ仕事しています、汗)

眠くて辛いです。

ここ最近、運転していると、突然睡魔に襲われます。



約0.5秒から1秒程度、運転しながら寝てしまうんです




何度、事故りそうになったことか・・・・(汗)



やらされている仕事が多いのが原因ですが、
それにしても雑用が多すぎです。


次回あたりに、現在の仕事の不満をぶちまけます!!!


ぜひとも応援クリック←お願いします!




[2008/03/26 22:37] シンガポールライフ | TB(0) | CM(0)

去るもの追われています(汗) 

前々回に書いた会社をお断りしたのですが、



「なぜ辞退するのか?理由を聞かないと納得できない」

という連絡が来ており、かなりしつこく入社を勧められているかのような感じになっています。


早く決着付けたいんですけど、エージェントも向こうの味方になっているような感じでして、かなり厄介です。

こんなにしつこくされると、ますます入社したくありません。


ところで

前回の暴走族対策の答えですが、答えは


「水を撒く」


これだけです。嘘のような本当の話です。

人間、濡れた地面の上は本能的に嫌がりますし、そもそも地面が濡れていると座れないので、”たむろう”ことができません。

そのため、他の場所に自動的に行きます。(^^)


ぜひとも応援クリック←お願いします!
[2008/03/25 20:21] 就職・会社 | TB(0) | コメント(-)

MBAの実力 

いま、訳あってINSEADに通っているMBAの学生+その奥さんと一緒に生活しています。

彼は、フランス帰りの元中国人で今は日本国籍の日本人となっています。
日本在住10年間以上。
奥さんは、日本在住13年以上。国籍は中国ですが、日本語ペラペラです。

この2人、すごいですわ!

昨年、MBA取得のために会社を辞めてフランスに渡航。
9ヶ月間フランスで暮らし、現在はシンガポールで最終カリキュラムをやっています。

INSEAD(インシアード)の場合、MBAが1年で取得できます。
そして卒業生の就職率は94%!平均年収は1100万円だそうです。

INSEAD(インシアード)の授業料は1000万円/年間。プラス生活費+移動費があるので、多分500万円はかかるので、1年間に1500万円の投資になります。

ただ、ここの学校を卒業すると、1000万円プレーヤーになれるので、2年間働ければ投資回収できるそうです。

彼がすごいのは、ロジカルシンキング(論理思考)で物事を考える訓練をされていることですね。



そんな彼に、1つケーススタディを出してみました。

問題 : あるコンビニ店のオーナーが困っています。
毎晩夜21時頃になると、暴走族が2時間くらい店の前でたむろってしまいます。
どうすれば、彼らをいなくさせることができるでしょうか?


みなさん、この問題の答え分かりますか?

(そういえば、ポストの回答まだでしたね、苦笑)

次回くらいに書きます!
(それにしても多忙だ、汗)

ぜひとも応援クリック←お願いします!




[2008/03/23 12:45] シンガポールライフ | TB(0) | CM(0)

読者の皆さんにご意見いただきたい・・・ 

相変わらず忙しいです(苦笑)

先日、ちらっと書きましたが、いま内定をいただいている会社に辞退の意思を伝えました。

ざっくり概要を書きますと、先日の日本帰国中に就職活動を行いA社(本社)から内定をいただき、一旦は仕事斡旋エージェントを通して入社の意思を伝えました。2月末の話。

ところが3月上旬になり、突然連絡が来て



「B社(A社出資海外子会社)の採用になる」



と言われました。

このB社の日本支社で働くことになるので、本社からみたら孫会社での勤務になることになります。

こんな状況になったので入社を考えるようになり、入社後の立場や出世等も考えると不利になると思い、つい先日、辞退を申し出ました。

※入社書類等には一切、サインしていません。

入社後の待遇や業務内容は変わらないと言っていますが、不信感が芽生えてしまい入社のモチベーションがなくなってしまいました。


仕事斡旋エージェント曰く、

「一度入社意思を示したのに辞退した場合、損害賠償請求をされることがある」

などと訳の分からない脅しをかけられていますが、こっちとしては一生を左右する問題なので、辞退する気持ちには変わりありません。


確かに一度入社するとは言いましたが、この話、明らかに企業側に問題があると思います。
みなさんは、どう思いますか?

コメント欄や握手欄にご意見、待っています。m(_ _)m


ぜひとも応援クリック←お願いします!

[2008/03/22 12:58] シンガポールライフ | TB(0) | CM(3)

プラスチック入り 料理!(怒) 

いま、帰国準備に向けて「超」が30個ぐらい付くほど忙しく、

睡眠時間も短い状態で、心臓が痛いです(>_<;)

こんな状態なので、ブログを書く暇が全くありませんが、今回、あまりにも



衝撃的!


な内容の記事を読んだため、思わず筆を・・・、いやキーボードを叩きました。


-----------------------




日本では、食品偽装事件がいっぱい起きました。



赤福の製造日偽装、船場吉兆の産地偽装・・・



こんな偽装、



あの農薬餃子事件に



比べたら、可愛いものです



赤福の場合、冷凍していますし、今まで1件も健康被害がないわけなので、実質問題なかったと言えるでしょう。

私は、許容範囲が広い人間なので、健康被害がなければ、あの事件は許せるのでは?と思っています。


健康被害を出した、雪印や農薬餃子は許せませんがね!




農薬餃子は、明らかに"悪意を持った人間"がやっていたと思います。


リチャード・コシミズ氏風に言えば、


「日中関係を悪化させるための裏工作」とも言えますし、


そこまで壮大ではないならば、工場の待遇に不満をもった従業員がやったとも思えます。


農薬=毒というのを意識してやっているので、これは立派な犯罪です。




一方で、


毒というのを


全く意識しないで、


毒食品を作っている所



があることを知り、驚愕しました!



なんと、マレーシアのジョホール(シンガポールから一番近い街)では、




プラスチックを



溶かした食用油を使い、



料理を作っている!




※いま、意味が分からなかった方もいると思いますが、以下を読めば分かります。




こんな衝撃的な新聞記事がありました。




※簡単な英語で書かれているので、英語に抵抗のない方は、お気軽に読んでください

↓クリック拡大↓

P1140440.jpg




goreng pisang (ゴレン・ピサン) というのは


マレーシア料理の名前です。

この料理を作る際には、比較的多量な「油」を使います。



この”油”ですが、店でどうやって作られているかというと


1)油を加熱して沸騰させる。


2)200℃くらいになった油に


2Lや1.5Lの飲料用の



ペットボトルを



そのまま入れます!(爆)



すると、プラスチックが油に



溶けて、”特別油”の完成です!





3)その油を料理に使用!!!


この目撃情報、複数件あるらしく、しかも結構なお店で流行しているらしいです。


この油を使って料理をすると


サクサク感が長続きする!?


ために、使用しているんですって!(信じられません!)



いまのところ健康被害がないので、店主曰く「何が問題なんだ!?」と言っていますが、


私の推測では”プラスチックを食べるのが毒である”と知らないことが、そもそも問題なのだと思います。

(※もし、知っていてやっていたら、逮捕して欲しいです)



日本人からすると、ある意味「当たり前」の知識だと思いますが、


陽気なマレーシアンは、そんなことすら知らないんでしょうね。


いま、「そんな常識知らないわけないだろ!」


と思っている方へ


※人種によってではなく、国の教育体制によって学力や知識に差が出るということをシンガポールに住んで実感しました。


例えば、日本人なら誰でも知っている”入道雲”という単語、シンガポール人は知りません。
シンガポール人にとっては、雲は”雲”でしかありません。


彼ら的には、入道雲は”大きな雲”と呼ぶんでしょうね。



これは国よる教育水準の違いなんです。



日本で、英語を小学生で学習させるのを反対!と言っている方がいますが、
じゃー、なぜ算数は良くて、英語はダメなんですかね??


明らかに語学は小さい時から勉強していた方が有利です。


日本は英語を小さい時に学ばせない国、だから英語が苦手なんですよ。


とにかく、


「知は力なり、無知は無力どころか、


人に迷惑を与える恐れすらあり」
 



今回のニュースを見て、そう思いました。



面白かったら、ぜひとも応援クリック←お願いします!


次回は、ポストの回答!
[2008/03/15 02:32] シンガポールライフ | TB(0) | CM(0)

クイズ  シンガポールのポスト 

以下の写真は、

典型的なシンガポール住宅にある集合ポストです。

P1140096.jpg



シンガポールでも結構ダイレクトメールやチラシが多く、

数日放置していると満杯になっていることもあります。


でも、シンガポールはさすがです!

チラシが欲しくない人は、



ポストの扉を閉めることが可能


なんです。



P1140098.jpg



以下の写真をご覧ください。

扉の内側にあるストッパーを回すことにより、外から押しても


ポストの扉が開きません!!


すごい!!!(>▽<;)さすがシンガポール!


P1140097.jpg



でも、1つ疑問が浮かびます。

これじゃー、郵便局員が手紙を入れられませんよね。



さて、ここで問題です。


郵便局員は、どうやって、

手紙を入れるのでしょうか?




なるほど・ザ・ワールド!(笑)


答えが気になって仕方ない人は、ブログを書くモチベーションを高めるためにも
ぜひとも応援クリック←お願いします!

[2008/03/09 23:05] シンガポールライフ | TB(0) | CM(1)

いま、シンガポールで最も有名な男 

Mas_Selamat_Kastari

マス・セラマット・カスタリ




現在、シンガポールに住んでいて、彼を知らない人はいません。



認知率99.9%でしょうね。




彼はテロリストです。



何で有名になっているのかと言うと、チャンギ空港を爆破しようと計画していたところ、警察当局に逮捕され、シンガポールの拘置所に拘留されていました。



彼は拘置所でトイレに入った後、




忽然と姿を消しました。





そのトイレに窓があったかどうかは、新聞等で一切報道されていませんし、どんな状況から逃げ出したのか不明ですが、とにかく逃げたんです。



世界でも屈指のセキュリティを誇ると噂されていた


シンガポールの拘置所から。





デビット・カッパーフィールドもびっくりですよ!(笑)



ある人は「黒魔術だ」とか言っていました(笑)




補足情報としては、このブログでも見てください。




シンガポール警察の恥として、またシンガポール警察の威信を回復するためにも、現在、超超超超超全力で彼を捜索しています!!




その力の入れ具合たるや、恐ろしい程です(>_<;)
(シンガポールで悪いこと絶対にできません!)




◆シンガポールはすごい その1

逃げ出した直後に、すぐにニュースで発表。
顔写真を新聞等で公開!!

※このへんは当たり前ですね。





◆シンガポールはすごい その2

2日目には、


シンガポール全企業宛に


顔写真をプリントアウトして、貼れ
という


指令が出ており、駅構内はもちろん、至る所に彼の顔写真が貼ってある!!





◆シンガポールはすごい その3

警察のみならず、


一気に軍隊まで出動して、


シンガポール全島をローラー捜索している。







◆シンガポールはすごい その4

3日目には、



シンガポールの



携帯電話所有者



全員に彼の写メール
が送られてきた!

※これにはビックリ!





◆シンガポールはすごい その5

出国時の検査が超超超厳しくなり、特にトラックはシンガポールが出るのに大渋滞!!!!マレーシアにつながる高速道路は、トラックの列が何十キロにも及びなんと通過するのに



17時間かかる状況!!



私も昨日、見ました。

そしてその光景にビックリしました!
トラック運ちゃんたちは、不満爆発でクラクションの大合唱でしたよ!!

トイレや食事もできないで、待つの?? かわいそう・・・

運ちゃん、大丈夫か??(汗)




◆シンガポールはすごい その6

個人が彼に懸賞金を掛けた!!
(政府はまだです)



その懸賞金、なぜか8888ドル!(笑)



”末広がり”にして何の意味があるんだ(笑)






◆シンガポールはすごい その7

暇なおじいちゃん達が探偵団を結成して、彼の捜索を始めた!

密告国家のシンガポールですから、こうゆうの大好きですね!





シンガポールって、島中に監視カメラが付いています。

これだけ探しても、見つけ出せないとなると、既に国外に逃亡したのか、協力者がいて、かくまっている状況でしょう。

多分、シンガポールのことですから、次の「すごい」は




◆警察官が全世帯、


強制家宅捜索!




こんなオチではないでしょうか・・・(>_<)

たぶん、うちにも近日、来ますよ(笑)


もし日本緊急帰国の理由を知りたい方はぜひとも応援クリック←お願いします!
[2008/03/08 03:49] シンガポールライフ | TB(0) | CM(0)

私も支持します! 

忙しいので、ブログの更新をサボろうとしましたが、
この記事を見たときに、眠いにもかかわらず、書かずに入れなかったので、更新!


-----------------------------------------


拳銃抜いた巡査長に支援メール相次ぐ
3月5日23時34分配信 産経新聞


 路上で騒いでいた少年を立ち去らせるため、警視庁滝野川署の男性巡査長(27)が拳銃を抜いて威嚇した事件で、全国から巡査長の行動を支持する手紙やメールが署などに相次いでいることが5日、分かった。警視庁では拳銃の適正使用にあたらないとみて、特別公務員暴行陵虐容疑で調べるとともに処分も検討中だが、署には処分の軽減を求める地元住民の嘆願書も提出された。「許される行為ではないが」…。警視庁幹部も思わぬ反応に戸惑い気味だ。

 事件は2月26日午後8時半ごろ、東京都北区滝野川の路上で発生。「大声がうるさい」との苦情を受けて駆けつけた巡査長が区内の高校2年生(16)ら少年3人に注意した。3人はいったんその場を離れたが、約10メートル先で再び路上に座り込んだ。名前などを尋ねても無視したため、拳銃を抜いて立ち退かせたという。3人が直後に、「銃を向けられた」と署に訴え出て発覚した。

 署などには5日昼までに手紙や電話、メールで計185件の意見が寄せられた。うち10件が「滝野川署はおかしい」などと批判的意見だったが、大半の175件は「警察官をばかにしたような行動は許せない」「警察官のほかに、誰が少年を注意するのか」など支持の意見だった。巡査長の質問を無視したにもかかわらず、すぐに被害を訴え出ている少年の姿勢を批判する内容もあった。

 一方、嘆願書には地元住民110人が署名して提出。署名した飲食店主の男性(42)は「自分も路上にたむろする若者を注意すると『うるせえ』と反抗的な態度を取られたことがあった。共感できる」と話す。

 巡査長は警察官だった父親にあこがれ、幼いころから警察官を目指していた。5年前に同署の地域課に配属され、署内でも「正義感が強い」と評判だったという。

 処分が出るまで自宅謹慎を続けている巡査長は「もし、あの状況に戻れるなら、相手が折れるまでとことん説得します」と、拳銃を抜いて威嚇したことに反省の弁を述べているという。

------------------------------------------------------


私も不良少年どもを相手にしていた経験があります。


そもそもは、彼らは悪いのではなく、




彼らを教育した親が悪い!




と個人的に思っています。教育は大事ですね。

話が反れたので戻しますと

今回のポイントは、

1、「大声がうるさい」との苦情を受けて・・・

誰もいない九十九里浜の海岸で大声で話のは勝手ですが、

他人に迷惑を掛けている時点で、この行為は許せません。


この許せない行為に対して、我々一般Peopleが注意しても言うことを効かない場合というのは、





その少年たちは悪いことを


している認識がない!
んです。





そもそも




悪いと思っていたら、


そんなことしません
 からね。





一般Peopleが注意してもダメならば、頼るべきは公的権力(警察)か、私的権力(893)しかないじゃないですか!




話しても分からない相手には、パワーでねじ伏せるしかない!


私は、そう思います。




2、駆けつけた巡査長が区内


の高校2年生(16)ら少年3人に注意した。


3人はいったんその場を離れたが、


約10メートル先で再び路上に座り込んだ。







完全になめています!!!!






こんな野郎は、脅すくらいがちょうど良いんですよ。
これで処分されてしまっては、ますますこうゆう輩が付け上がります。



ちなみに、シンガポールでは、


・隣のおばちゃんが大声で話すのは当たり前、


・隣のおばちゃんが夜の23時に掃除機で爆音を響かせながら掃除をしていても当たり前、


・夜中の1時にシャッターがガラガラ!、台車がガタガタ!とうるさいのも当たり前


・電車の中で大音量着信音&大声での会話も当たり前(^^;)




日本に戻ると、「日本の夜って、なんて静かなんだ!」と感動します(笑)



こっち(シンガポール)にいると、免疫付きますよ(笑)


もし日本緊急帰国の理由を知りたい方はぜひとも応援クリック←お願いします!
[2008/03/06 02:22] 社会問題・ニュース | TB(0) | CM(1)

いい加減な会社・・・・ 

また転職活動、再開しなければなりません(>_<)

いま内定が決まっている会社から

「緊急です」って電話がかかってきて、何かと思ったら、

「組織変更となったため、子会社への所属になりました」ですって。

行く気、失せました (>_<;)

もし日本緊急帰国の理由を知りたい方はぜひとも応援クリック←お願いします!


[2008/03/05 19:22] 就職・会社 | TB(0) | CM(0)

現在、大忙しな理由 

昨日は、シンガポールから緊急帰国になったことをお伝えしましたが、現在、帰国に向けていろいろ対応に追われています。

まずは仕事関係ですね。

引継ぎ書類や残っている事務仕事をやらないといけない状態です。

会社側としては、現在、後任者を探していますが、簡単には探せない状況ですので、かなり申し訳ない気持ちでいっぱいです。m(_ _)m

あとは、個人的な面では、クレジットカードや銀行、インターネットサービス、いま借りている家を引き払う手続き等でかなり大変です。


それから、確定申告!!


シンガポールの確定申告は、日本と比較して



超簡単です!


初めはやり方が分からないので、ちょっと時間がかかりますが、
一度やり方さえ分かれば、


10分以内で完了します!


さすが、シンガポール!日本と違って、税金金額の計算を自分でやらなくてOKなんです。

収入等を記入したら、後は政府が税額を計算してくれて、その請求書通りの税金を支払い完了!

さらに、税率区分も非常に単純明快!!



小学生でも理解できる内容です。



私は、3月末でシンガポールを去ることになりますが、もし税金を支払わずに出国すると


刑務所行ですって!(笑)


こわっ!!!(>_<)



もし日本緊急帰国の理由を知りたい方はぜひとも応援クリック←お願いします!


[2008/03/03 17:06] シンガポールライフ | TB(0) | CM(0)

突然ですが・・・ 


シンガポールでの仕事を終了し、日本に帰ることにしました。

(4月から日本編が始まります、笑)



そのため、現在、超忙しい状態なっています(笑)



日本で何をやるかは、既に決定しています。

予定としては、日本に帰国後、すぐに北京に飛び、その後、また日本に戻ってきて、その後、新しい仕事を始める予定です。


この新しい仕事は、海外を飛び回る仕事になります。

オーストラリアやアメリカ、南アフリカ等に行く機会があると思いますので、また面白い情報をいろいろ載せることができると思います。


詳細は、また書きます・・・


読者の皆様に取り急ぎご報告まで。


もし日本緊急帰国の理由を知りたい方はぜひとも応援クリック←お願いします!

[2008/03/02 02:10] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。