スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

拝啓 ポーリアン様 

少し大きい文字文字色みなさん、こんばんは。

シンガポールで暮らしていて、シンガポーリアンが嫌いになったら大変です。暮らしていけなくなりますからね。

でも、日本で育ってきた価値観を持っている私が、ポーリアンを見ていると、

「不満だ~!!」 というか「許せない」 というか、「物申したい!」ことが結構あります。

今日は、その不満をブログにぶつけます!

(ちょっと汚い言葉を使いますが、ご了承ください)


ポーリアン様へ

1、「お前らの”満員電車”は満員じゃないんだよ!甘い、甘すぎる!!」

シンガポールにも地下鉄があります。
MRTと言います。

Weekdayの朝は混むのですが、東京エリアで通勤ラッシュを経験した人にとっては、あんなのは通勤ラッシュになりません。

中央線、小田急線、埼京線等、朝は体を捻じ込ませて電車に乗り、基本的には360度周りにピタッと人がくっついた状態で通勤するなんざ、日本では当たり前です。

ただ、シンガポールで許せないのは、まだ入るスペースがあるのに、出入り口に人が立つと、その時点でホームにいる人が電車に乗り込むのを諦め、次の電車を待つのです。

そうすると、ホームで整列していて後ろの方にいた場合、電車を1本乗り過ごすことになります。これが許せない!!


「乗れよ!」


と思います。

最近では、このような場合、東京で経験したテクニックを駆使して乗り込みます。出入り口がいっぱいの場合、お尻から入り、ドアの上を手で押さえながら、乗り込みます。

こんなの、日本では当たり前です。

このアクションをやると、第二に許せないことが発生します。

それは


「満員電車でちょっとくらい触れたからって、いちいち睨むな!」


という不満です。

なぜか分かりませんが、他人に触れられるのを極端に嫌がります。


なぜかポーリアンは敏感です。


このような習性のため、「満員電車」と言っても、シンガポールでは日本と違い、触れ合うことがありません!


だから「甘い!」と思うわけです。


「お前ら、それで日本で仕事できると思っているのか!?」「お前らには絶対無理だな」 と勝手によく分からない優越感に浸ったりしています(笑)


逆に言うと、日本の状態の方が異常なのかもしれませんが(苦笑)




2、「お前ら、辛いの食べ過ぎて、味覚麻痺しているんじゃねぇの??」

ポーリアンは、辛いもの好き。

デザート以外は、全て唐辛子ソースのようなものをかけたり、付けたりしています。

店を選ぶ基準も、料理が美味しいではなく、

「○○の店の唐辛子ソースは美味い!」というわけの分からん基準で選んでいます(笑)。

唐辛子ソースは、基本的には自家製であるため、店によって微妙に味が違っています。が、個人的にはそんなに大差はないと思っています。




3、「お前ら、食い物の話ばかりしてんじゃねぇよ!」

ローカルスタッフの会話です。

いつも11時くらいになると、お昼ご飯の話題になります。

早いと10時半からです。

「今日は何食べる?」


「ダックライスはどう?」


「ダックライスだったら、○○の店よねー」














面白かったら応援クリック←お願いします!
スポンサーサイト

[2007/09/26 22:35] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

ポーリアンへの苛立ち その1 

シンガポールに来ているある日本人の方から、
こんなメールが来ました。

3ヶ月でギブアップした方です・・・・・


-------------------------------------------


話し変わりますが、こちらにきてとても耐えられないことがあ
ります。

人間として決して言ってはいけないことですが、シンガポーリ
アンの口臭(もちろん全員でもなく、日本でも沢山います)が
絶えられません。

電車でもそうです。彼らの食文化のせいかインド人のカレー臭の方がよっぽどまともです。

今、ネットカフェから入力してますが(日本やほかの国のよう
にスペースを区切ってないのもこの国だけのような。。)隣の
人の口臭が(胃が悪いにおい)絶えれません。

よってシンガポールにとどまる気はまったくありません。
3ヶ月でギブアップです。ほかの国からダイレクトに来ました
が、前国は、楽しかったもののここは、娯楽も無ければ。

また引越しの理由ですが、下の階のシンガポーリアン男性がゴ
ミ収集の人で日がな一日カッコンコンコンと日曜大工をしてい
て休日は寝れませんし、隣は私が独りで住んでる物件に9人の
フィリピーナが寝室の壁越しに夜中に(看護婦なのでシフトが
違う)大音量でテレビを見ます。

よってウツ気味になり、退職し、こういう理由で1ヶ月前にも
かかわらず、デポジットが戻ってきます。


いま隣の口臭が耐えれない。。女性なんですけどね。
何も食べてないのか。。彼らは匂いに鈍感なんですね。
中華系は懲りました。

-------------------------------------------

以上のような理由で、この方は別の国で職を見つけて
働くつもりみたいです。

確かに、この私でさえ、最近のポーリアンには、
苛立ちを覚えるようになりました(`へ´)メ 

これからどんどんヒートアップして、怒りをブログにぶつけますよ!!!!(笑)

その2をお楽しみに!!

毎日継続のために応援クリック←お願いします!
[2007/09/25 00:29] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

ごきぶり大量○ 

このブログ、結構呼んでくれている方が多いみたいでして、その方たちの期待を裏切らないためにも、毎日、継続して書いていきたいと思っています。

個人的にも、いろいろ書きたいことが山ほどあるんですけどね(笑)

さて、今日の話題です。


シンガポールは熱帯地方ですから、結構、ごきぶりがいます。


こっちのゴキブリは、日本のゴキブリほど、スピードが速くありません。


ただ、かなり”車高”が高めです。



ひらぺったくないんです。



これを私は勝手に”立体ゴキブリ


と呼んでいます。立体感がとてもあるゴキブリだからです。



今日、マンションの下を歩いていたら、数十匹の立体ゴキブリくんたちが、大量に息絶えていました。


その光景たるや、背筋に寒気が走ります。


なぜこんなことになっているかというと、政府が定期的に殺虫しているからです。


蚊、ゴキブリをやっつけるために、白い農薬みたいなものを定期的にまいています。


おかげで、私はシンガポールでは4ヶ月以上、蚊をみていません。

これって、結構すごいと思います。


ちなみに、シンガポールでは、ゴキブリを殺虫剤はBaygonというものを使用するのが一般的です。


この殺虫剤、半端なく強力です。


ごきちゃんに命中したら、最後、5歩と動かず動きが止まります。よく日本みたいに、スプレーした後、冷蔵庫の裏に行ってしまい、困ったなんてことはありません。

でも、逆に言うと、劇薬なんでしょうね(汗)

その点、日本で話題になっている、氷殺ジェットや泡は、かなりの優れものだと思います。

点火式の風呂場なんかで使用しなければ、
自主回収などという事態にはならなかったと思いますが・・・



http://www.bayer.co.th/eng_version/health/consumer2.html





毎日継続のために応援クリック←お願いします!
[2007/09/20 01:02] シンガポールライフ | TB(0) | CM(0)

無線充電システム 

無線で充電するシステムですって。

面白い!

とうとう、時代はここまで来ましたね。

毎日継続のために応援クリック←お願いします!
[2007/09/19 01:13] 科学技術 | TB(0) | コメント(-)

ポーリアンの考え 

これから、
シンガポール人(シンガポーリアン)のことは



ポーリアンと呼びます。



なぜって、響きが面白いからです(笑い)


さて、前回書いたとおり、シンガポールでは家賃が非常に高騰しており、今ならば、高い値段で家を売ることができ、高い値段で家を貸すことも可能です。

物件を探していると、以下のような状況によく出くわします。



年齢40歳代、


独身女性のオーナーが、


自分の住んでいる家を貸す




でも、これでは自分の住む家がなくなってしまいます。


どうするつもりなのかと聞くと


「自宅は貸して、私は友人と一緒に住む」


このパターンが圧倒的に多い!


少なくとも、現在ならば、非常に高い家賃が取れるため、金に強欲なポーリアンは、いまがチャンスとばかり、貸しているようです。


日本人にはない発想です。



毎日継続のためにも応援クリック←お願いします





[2007/09/18 01:12] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

今日から再開!? 

みなさん、こんにちは。
約1ヶ月ぶりの更新再開となりました。

この1ヶ月、平日は仕事、週末は物件探しと忙しい日々を過ごしていましたが、物件探しが非常に難しいので、半ば諦めることにしました。
(>_<;)

シンガポールでは、現在、地価、家賃が高騰しています。

日本では信じられないと思いますが、

オフィス街では、

年初から2倍~3倍のアップ


一般住宅でも平均で154%の家賃アップとなっています。


毎月10万円の家賃が、今、契約更新すると15万4千円になるというわけです。

平均でこれだけのアップと言われていますが、家主の提示価格は、年初から比較すると2倍以上です。

つまり昨年末までならば、2ベッドルームの部屋が安いと700ドルくらいで5万6千円で借りれたのですが、現在は最低でも1600ドル(12万8千円)くらいで吹っかけてきます。

これは、たまったもんではありません。

この家賃の値上がり、突然発生したものなのですが、潜在的には以下の2つの理由があると言われています。

1、人口増加
シンガポールでは、政策によって、2008年までに現在450万人の人口を550万人にしようとしている。もちろん、子供がそんなに生まれるわけないので、移民を積極的に受け入れることによって増加させる

従って、住宅需要がアップし、需要>供給 状態となった。


2、世界的金余りによる投資
政治的に安定して、税金も安いシンガポールは、投資するには絶好の場所です。世界中から資金が一時的に集まり、値上がり益狙いの投資が増えてた。

いま家主は、調子に乗って、どんどん家賃等を上げています。

そもそも、一般庶民の1人あたりの平均月収は2,500ドル前後です。
夫婦合わせても5,000ドル前後。3ベッドルームですと、2,500ドル前後が今の相場です。

給料の半分、家賃では、やっていけません(><)


小さい国ですから、値上がりも早いですが、たぶん下がるのも非常に早いでしょうね。

基本的には待つことにします。

株式投資と一緒ですね。



[2007/09/15 13:16] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。