スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エコポイント 申請してみました 


このお正月休み中に、いっぱいやることがありましたが、そのうちの1つにエコポイントを申請してみました。



12月に37型の液晶テレビを買ったので、早いうちにやっておかないと忘れてしまいますからね。

17000円相当は大きいですよ。



エコポイントの申請に必要なのは、領収書と保証書。

この2つを無くすと17000円がパアになります。(>_<)


申請自体は、インターネットでできますが、プリンタが必要です。



申請してみて、よく分からなかったのが、交換商品を検索する画面。


電子マネーに交換しようと思って、検索をかけると「200件以上あるので、絞り込んでください」という表示が出ます。


絞り込もうと思って、都道府県などの地域情報を入れても、



何も出てきません!




????




何度がトライをして、下のほうにあるチェックを2つ入れてみたら出てきましたが、10000円以上のポイント交換ができないので、何かおかしい!と思い、事業者コード(EDYの場合は、A069)を入力したら、ちゃんと価格帯別のリストが出てきました。




次の不具合は、印刷。


印刷しようと思ったら、デフォルトで50%縮小の状態・・・(汗)





あのシステム、バグですね。


急ごしらえで作ったからでしょうかね。


最も不安なのが郵送で送るのですが、途中、郵便が迷子になったり、


グリーン家電エコポイント事務局で紛失したりしたら、17000円がパアになります。



商品の引き換えは、1ヶ月とか2ヶ月後なので、きっと忘れてしまいますよ・・・


なんか不安なシステム・・・、そんな気がします。


ぜひとも応援クリックお願いします!



スポンサーサイト

[2010/01/03 19:20] 環境問題 | TB(0) | コメント(-)

セブンイレブンの値下げ問題 やっぱり会計方式を変えてきた 

続きです。

今日の日経新聞に小さく載っていました。

「加盟店が仕入れ価格を下回った販売価格を設定した場合には、発生した損失分を加盟店が負担する」


※ここは、です!

「基本契約書を一部改定」とも書いてありました。


要するに、こうすることで、ロイヤリティの取りっぱぐれを防げる


わけですね。


なんかセブンイレブンを見ていると、

環境という側面からあまり考えていないような気がします。



ちなみに、コンビニで廃棄する量は、1店舗あたり8・45~12キロとなり、標準的な弁当で20~30個、おにぎりで70~100個程度が毎日各店舗で捨てられている計算となります。



ファミリーマートが、

廃棄ロスと機会ロスの減少という

二律背反を解決するために、冷凍弁当の導入を検討しているみたいですが、この姿勢は立派だと思います。

こうでなくっちゃ!

ぜひとも応援クリックお願いします!


[2009/07/29 23:12] 環境問題 | TB(0) | コメント(-)

人口爆発 と 地球温暖化 

ご無沙汰しています。

前回の続きは、次回書くことにして、今回は温暖化と地球人口問題について、書きたいと思います。


まずは、この表をみてください。


地球の人口が1900年以降、急激に増えているのが分かると思います。



BC0年 2億人
AD1000年 3億人
1650年 5億人
1800年 10億人

-------------------------
1900年 20億人
1960年 30億人
1974年 40億人
1987年 50億人
1999年 60億人
2006年 65億人

-------------------------
2050年 91億人(国連予測)



1800年から2006年まで、わずか


200年の間に55億人も増えてしまいました。




医療技術の発達、豊富な栄養の摂取、などによる長寿化+乳幼児死亡率の低下、いろんな要因がありますが、自然環境面から見ると、最近の温暖化の一因は、この点にもあるのではないかと思ってきました。


100年後の人類は、どうなっているんでしょうね・・・


ぜひとも応援クリック←をポチっと押してください!!
[2008/05/21 00:44] 環境問題 | TB(0) | コメント(-)

ツバル共和国から 

世の中便利なもので、

私のブログへ、どこの国から何人アクセスしにきてくれているのかを

調べることが可能なのですが、なんと


ツバル共和国


からもアクセスがあるみたいなんです!

( はるばるツバルからありがとうございます!(^^)/ )


ツバル共和国のこと、皆さんも多少聞いたことがありますよね?

ツバルは、地球温暖化による海面上昇の影響で、近い将来
海に


水没


してしまうと言われている南太平洋の島国。

tuvaru2.jpg

こんなに美しい所が・・・・

ツバルは、キリバスなどの周辺国と共に温暖化による水没の危機にさらされており
すでにツバルでは海面上昇による被害が出始めているそうです。

ツバル共和国は、世界で2番目に小さな国で、人口は1万人未満。
海抜は平均約2メートルで、最も高い地点でも4メートルほど。

そのため、温暖化による海面上昇の影響を大きく受けると見られており
あと50年程で島のほとんど全部が水没してしまうと言われています。

tubaru.jpg

(首都フナフチ)


また、海面上昇による水没の危機を見越して
すでに4000人以上がツバルからニュージーランドに移住しているそうですよ。


ツバルのためにも

みんなで地球温暖化防止対策を徹底しましょう!!(^^)


コンビニ、スーパーでは、「マイバック」持参で!


毎日継続のために応援クリック←お願いします!





[2008/01/12 00:01] 環境問題 | TB(0) | CM(1)

温暖化影響? 

琵琶湖:深層の溶存酸素濃度に異変 温暖化影響?遅れて回復


 ◇“深呼吸”保ったが今後も監視が必要--京大生態学研究センター
 記録的な暖冬の影響で、琵琶湖北湖(琵琶湖大橋以北)で例年冬から春にかけて起きる表面と深層の水の混合「全循環」が、観測史上初めて3月上旬になっても確認できず、深層の水に溶ける酸素(溶存酸素)の濃度回復が進まない状況が懸念されていた問題で、深層の溶存酸素濃度が3月末になってほぼ回復したことが、京都大生態学研究センター(大津市)などの調査で分かった。

年に1回、湖底付近も含み湖水全体が酸素を回復する“琵琶湖の深呼吸”はなんとか保った形だが、温暖化の進行に伴い、似たケースが今後起こることも考えられる。

 北湖では湖面が冷やされて、例年1~2月に循環が起き、深層まで酸素濃度を回復するとされる。しかし今季は、3月上旬になっても深層の酸素回復が十分でない状態であることが京都大や県琵琶湖・環境科学研究センターなど各研究機関の調査で判明。3月10日には懸念を深めた有志の研究者らが危機感を表明する異例の緊急声明を発表していた。研究者たちは、回復程度が本当に十分だったかなどを検証し、引き続き監視していく方針だ。

 姉川沖から北湖を横断する形で行った京大生態学研究センターの調査では、昨年は2月上旬の段階で酸素が十分湖底付近まで行き渡っている状態だったが、今年は2月下旬でも酸素飽和度が60%程度の低酸素状態が見られた。3月上旬にも調べたが、高島市・今津沖の深層で飽和度が50%程度の低酸素地域も発見される事態に。

3月中旬の寒波の後も低酸素状態が確認されていたが、同28日になってすべての観測地点(11地点)で飽和度が80%以上に回復していたという。

 京大生態学研究センターの永田俊教授は「酸素濃度は一応回復したが、完全に回復したかどうかは検討が必要。また回復時期がずれ込んだことで、低酸素状況にさらされたことがどう影響するのかや湖底の堆積(たいせき)物への影響も見ていく必要がある」などとした上で「仮に温暖化の影響なら、今後も同様の状態が起きることや循環がなくなることも考えられる。酸素分布などだけでなく、循環の物理的プロセスなど総合的にとらえて、今後どうなるか予測していくことが必要だ」と話している。


[2007/04/19 23:08] 環境問題 | TB(0) | コメント(-)

沖ノ鳥島も消滅か? 


沖ノ鳥島


東小島(ひがしこじま)と北小島(きたこじま)の2つの島から成り、太平洋の絶海に孤立して形成された南北約1.7km、東西約4.5km、周囲約11kmほどのコメ粒形をした環礁の中にある無人島である。

北緯20度25分31秒東経136度4分11秒[1]に浮かぶ。日本では小笠原諸島の一部として、東京都小笠原支庁小笠原村に属し、住所は郵便番号「100-2100」、東京都小笠原村沖ノ鳥島1番地(北小島)及び、2番地(東小島)となっている。

但し、郵便物を送っても届かないでしょう。

でも実際に送ったツワモノもいます

この沖ノ鳥島、温暖化で消滅する可能性大だと思います。

そうすると、約40万km²の排他的経済水域が消滅するわけですから、日本に対する経済損失は、甚大なものになります。

回転すしも100円で食べられなくなるかもしれません。

日本政府は、もっと真剣に温暖化に取り組むべきでしょう。


面白かったら応援クリック←お願いします


[2007/03/04 00:35] 環境問題 | TB(0) | コメント(-)

地球温暖化で島消滅! 

温暖化問題ですが、かなり深刻になっています。

こんなニュースがありました。


海面上昇による浸水や海岸浸食が年を追って深刻化する南太平洋のツバル。首都フナフティでは、住民の多くが海外移住を考え始めている。特に若い世代は、地球温暖化による「国の消滅」を、起こりうる現実として受け止めている。

 18日夕、ツバル唯一の国際空港の滑走路脇。足元のいたるところから、かすかな音が聞こえてくる。舗装された路面のわずかなすき間からわき出す水は透明で、間断なくはじける細かい泡が見える。なめると確かに塩辛い。海水はたちまち四方に広がった。

 約1万人が住む平均海抜約2メートルの国土は、サンゴ礁の上に砂が堆積(たいせき)してできた。海水は、海岸を越えてくるだけでなく、地盤にある無数の穴を通って地上にあふれる。

 「遅くとも10年後までに家族とニュージーランドに移住するつもりだ」。トマルさん(32)は国営電話会社に勤務するエンジニア。05年には衛星通信技術の研修で日本にも行った。

 同僚も多くが移住を考えている。この時期の浸水被害はもちろん、海岸線が削られてヤシの木が根元から波にさらわれたり、小さな島が消滅したりする現実を、誰もが目の当たりにしているからだ。「他の国の二酸化炭素が原因で島がなくなる。怒りを感じるが、だからといってどうしようもないだろう」。トマルさんはため息をついた。

------------------------------------

環境問題に配慮するのは、我々や企業にとって大きな責任になりそうです。


[2007/02/12 14:57] 環境問題 | TB(0) | コメント(-)

インドネシアの大洪水 

シンガポールでは、涼しいさわやかな気候が続いています。

一方、インドネシアでは大雨で大洪水が発生し、大変なことになっています。

ーーーーーーーーーーー
インドネシアの首都ジャカルタを襲った洪水で、保健省当局者は6日、死者が50人に達したことを明らかにした。ジャカルタでは2002年の大洪水による被害を大幅に上回る最悪の惨事となった。
 同省によれば、依然26万人以上が家を離れて避難生活を強いられているといわれ、避難民が集まるモスクや学校、公共施設などでは、デング熱やコレラなどの病気の発生が懸念されている。保健省は7日から避難施設などの浄化作業を行う予定。 
ーーーーーーーーーーー

洪水を楽しむ?子供たちもいるみたいですが、トイレの排水等の汚染物質もごちゃませになっているわけですから、泳ぐのは超危険な行為と言えるでしょう。

私がインドネシアから帰国後にこの洪水が発生したので、ギリギリセーフでした。
でも、また来月、インドネシアに行くことになります(>_<)Oh!


応援クリック←お願いします
[2007/02/04 09:52] 環境問題 | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。