スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シンガポール・マレーシアでの紅茶・コーヒーの注文方法 テイシーコソン! 

シンガポールでミルクティーが飲みたくなったら、


「ミルクティー、プリーズ」なんて注文すると、


超甘い、

ミルクティー

が出てきます!!(>_<;)






紅茶は だいたいミルクティーなのですが
ミルクはミルクでもコンデンスミルクが入っているからです!!!



例えば、砂糖無しミルクティーを飲みたい場合、「ミルクティー no sugure」なんて言っても、もともと砂糖なんて入っていないので、「はあ?」みたいな顔をされたりします。






シンガポールでスマートにコーヒー・紅茶を注文したい場合は、以下の表を参考にしてください!!!




これで注文できれば、あなたもシンガポール通だ!!!























紅茶の注文方法



※コーヒーの場合は

「テー」を「コピ」に変える
砂糖入り 微糖 無し
エバミルク入り テイシー

Teh C
テイシーシウタイ テイシーコソン
エバミルク無し テイオー

Teh O
テイオーシウタイ テイオーコソン







冷たいのを飲みたい場合は、



後に「アイス」




(シングリッシュで、「アイスァ↑」



と付ければOK!!!



微糖の場合の シウタイ は


シュー↑ ター↑イ


と抑揚を付けて言うと通じやすくなります。



ちなみに
koson(コソン)というのは、マレー語で、「無」という意味なんですよ!




こんな摩訶不思議な言葉で、注文できるからシンガポールは不思議です。

(桃子さん、ぜひ、これで注文してきてください)



普通に「コーヒー」「ティー」と頼むとむっちゃ甘い練乳が有無も言わさずにどばーっと入ってきて、いちばん単純なブラックと言っても通じにくく、やっぱり上記のように言うのが一番なわけです。




ちなみにコピティアム(代表的なフードコートの名前)にて、「コピ・オー・コソン(ブラックコーヒー)」などというものを注文すると、


ウェイトレスに「正気かコイツ?」という目で見られます。


そんな苦いものを選んで飲む人間がこの世に存在することがシンジラレナイようです(笑)




ぜひとも応援クリックお願いします!



スポンサーサイト

[2010/06/21 22:13] シンガポールライフ | TB(0) | CM(1)

美珍香のクリスピー ポークフロス(Crispy Pork floss) その2 


おばちゃんが、指を指していたのは



「Fish Floss」という丸いシールでした。




これです ↓


P1170604.jpg





よ~く見ると、豚肉のFloss、鶏肉のFloss、




全てのFlossに





「Fish Floss」という



丸いシールが



貼ってありました(爆)






要するに、





魚ならば、持ち込みに問題がない 





ということで、編み出した一種の





ごまかしの手法みたいです。





ただ、知っている人が、袋の外から見れば、すぐに何のFlossかは、分かります。








そこで私は質問しました。




「どう見ても豚肉のFlossなのに、Fishのシールだとするバレるんじゃないか?」






というと、おばちゃんは、



「どこに豚肉って書いてあるの??」という返答。



よーく見ると、確かに袋には、何の肉かは、全く書いてなく、シールだけ!

※シンガポールでは、袋に何の肉か書いてあります。


P11706031.jpg











そう来たか!(笑)

うまいこと考えているな。





美珍香(Bee Cheng Hiang)は、シンガポール、マレーシアのほかに、中国(北京、上海、福州、広州)、香港、インドネシア、フィリピン、台湾に展開している多国籍企業で、結構、すごい会社なのに、コンプラ上問題ある行為をやっているので、



さすが中華系企業!と納得しちゃいます(苦笑)



結局、シンガポールに再入国する際には、何も検査はされず、さらに成田でも大丈夫でした(笑)



実は、マレーシア以外に、シンガポールでも、ポークフロスを買っていました。


両方食べ比べた感想としては、


同じ会社なのに、品質がぜんぜん違うような感じ



というのが、印象でした。



一番違うのが、賞味期限表示です。




マレーシアの適当おばさんに賞味期限を聞くと




適当おばさん「2、3ヶ月くらいじゃない?」



とこれまた適当な返事!!(爆)




袋にも賞味期限は


書いてありません!



P1170605.jpg






(>_<;)
 さすがマレーシア!


※マレーシアの有名お菓子メーカー、アポロ(APOLO)のお菓子も適当な品質で、大変な目にあったことがあります。



ちなみに、シンガポール製のものは、ちゃんと書いてあります。

Best Before という表示。

マレーシア製には、それすらありません!


P1170606.jpg



ちなみに、マレーシア製には


石ころも入っていました(汗)




ぜひとも応援クリックお願いします!



[2010/01/13 19:18] シンガポールライフ | TB(0) | CM(0)

美珍香のクリスピー ポークフロス(Crispy Pork floss) in Malaysia 

私は ポークフロス(Pork floss) を食べるのが好きです。


でも日本では、なかなか売っていないので、先日、シンガポールに行って来た時に大量購入してきました。


シンガポールで、最も有名なPork floss販売店が、美珍香(Bee Cheng Hiang)です。




美珍香は、バーベキュー・ポークでも有名です。




バーベキュー・ポークとは、正方形の豚肉を甘辛しょうゆの水あめを絡めて、焼いたものでして、あめ色のテカりがあります。





味付けは非常に濃くて、1枚でごはん1杯は食べられます。(>_<;)



このバーベキュー・ポーク、シンガポールでは旧正月の時に行列して買うものになっています。



日本で言うところ、クリスマスにフライドチキンを買うために行列するような感じです。




話を戻すと、Pork Flossというのは、漢字で書くと「猪肉松」。


さくらでんぷのお肉版という感じの食感です。



この他にも、



Crispy Pork Floss



というものがあり、カリカリタイプの粒子状のお肉という感じでこれもまた




非常に美味しいんです!!


(≧▽≦) キャホ







このFlossシリーズには、豚肉、鶏肉の他に、魚肉というのもあり、英語ではFish flossと言います。



どれも、美味しいのですが、最近私の一番のお気に入りは、Crispy Pork Flossです。





これが一番美味い!特に冷奴の上に、このCrispy Pork Flossをかけると、何とも言えない美味さです!







お値段ですが、シンガポールで買うと1ボトルS$12くらいします。日本円で言うと720円くらいですね。
(写真参照 → 写真は、シンガポール・バージョンのボトルです)

P1170602.jpg










今回は、このFlossをシンガポールではマレーシアのジョホールで買ってきたのですが、



そこでちょっとした事件が起きました。





美珍香は、シンガポールの会社ですが、マレーシアにも進出しており、お店があります。




マレーシアの物価は、シンガポールの約半分くらいなので、「マレーシアで買ったら、安いんじゃないか?」と思い、マレーシアに行った際に、美珍香に寄りました。





ジョホールの美珍香に行くと、お客さんは誰もいません!!!!



冷やかしにくい状況の中で、まあどうせ買うと思うからいいやと思い、店に入りました。



店で見ていると、おばちゃんが、flossの試食を勧めてきます。これがこの美珍香グループの特徴です。



味は知っているんので、試食しなくても良いのですが、あれこれと食べながら、値段をチェックすると、ボトルではなく、


「袋のお得パック」が一番安くて、お得であることが分かりました。



1袋、23.40RM。



当時の両替レートがS$100ドルで225RMなので、S$換算でS$9.6になります。




マレーシアで買うと、シンガポールで買うよりもS$2.4(日本円で144円くらい)得することになります。




「あんまり変わらないなー」と思いながら、





Pork Floss、Crispy Pork Floss、Fish Flossの3種類を買いました。




買い終わってから、ちょっと心配になっておばちゃんに質問しました。





「これって、豚肉とかの加工品だけど、シンガポールに再入国する時に没収されないですよね??」




店員おばちゃん:「そんなの知らないわよっ」




と、かなり適当な返答!!!!(爆)





お肉の加工品って、たいていの国には、持ち込み規制があるので、それに引っかからないか、心配になったわけですが、ますます不安が高まってきました。





すると適当おばちゃんが、


「このシールがあるから大丈夫でしょ」


という発言がありました。


私「!!!!????」(・_・;)


-----------------------------------





マレーシア美珍香のあまりにスゴイ仕組みに、


感動 と 恐怖 と


とまどい と 意味不明感  を感じながら、次の質問をするのでした。つづきは、応援クリックお願いします!





[2010/01/11 15:12] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

鶏から揚げのストロベリーソースがけ 

今回のシンガポール旅行で見つけた、面白料理です!


イチゴソースの甘さ、イチゴの甘酸っぱさが、唐揚げにとても良く合います!


P1170477.jpg


日本で売ってもヒットしますよ!

ぜひとも応援クリックお願いします!




[2009/12/19 09:56] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

シンガポールの温泉 センバワン温泉(Sembawang Hot Spring) 

時系列に書こうと思っていましたが、時間がないので帰りの飛行機で書くとして



今回は、シンガポールの温泉について書こうと思います。



シンガポールにも温泉があります。




実は、シンガポール在住に、噂を聞いていたのですが、行こうと思ったことはそんなになく、行かないまま帰国したということで、今回は「観光客」として行って来ました。



※なかなか住んでいると、行かないものですよねー。



その温泉の名は


Sembawang Hot Spring!










シンガポール島の中央やや北部にあります。




行き方ですが、MRT(地下鉄)でYishunという駅で降りて、そこからタクシーで5分くらいの距離です。




歩きでも25分くらいで着きますが、多分、歩きだとどこが入口か判別がつき難いと思いますので、タクシーの運転手に教えてもらった方が確実でしょう。



でも、歩いていきたいという冒険者のために



今回は日本語ブログで世界初!



歩いていくSembawang Hot Springまでの行き方をご紹介します。







まずMRTでCityの方から乗ってきて、Yishunの駅を下りたら西の方向の道路Yishin Aveを突き当りまで歩きます。






Sembawang RDに突き当たったら、
P1170288.jpg



右に曲がり、最初の交差点まで歩きます。

P1170311.jpg
最初の交差点の写真。


次に左に曲がり、Gambas Aveを道なりに2、3分ほど歩くと

P1170310.jpg






こんな風景になり、以下のような入口が見えてきます。


P1170307.jpg
これが入口だ!!



入口には







温泉の「お」の字も


ありません!!!







入っていいのか悪いのか!?という



警告文でいっぱいです!!!(>_<)



それもそのはず、この温泉は、






軍用地の中にあるからです。







この温泉部分だけは開放されているので、かまわず入ってOKです。



開放時間 (朝7時から夜19時まで)













進入すると・・・、両側を柵で囲まれた道が続きます。

P1170290.jpg


期待に胸を膨らませて約3分ほど歩くと、
一番最初に見える風景が、これです!!

P1170294.jpg













なんだ、こりゃー!?















視線を左にそらすと、このような風景になっています。


P1170293.jpg




変なほったて小屋があり、変なオヤジたちが何かをやっていますが、










怪しくて近づけません(笑)











ふと視線を中央に向けると、何か「ザバザバ」という音が聞こえます!!










P1170299.jpg






なんだこれは!!!???






そうです、これが












P1170302.jpg



シンガポール名物??


蛇口だけ温泉!!!!(爆)















臭いを嗅ぐと、とりあえずは硫黄の香りがします。


色は、少しだけ白濁している感じですが、ほぼ透明です!


温度は、約80℃くらい



あろうか

というくらいの熱湯です!





火傷しますから、


ご注意ください!









隅に視線を向けると、水着を着たオヤジたちが





入浴?活動に専念しています。







ピンボケですみませんが、

P1170296.jpg



オヤジは、でっかい




ブルーのポリバケツ




入っていました(笑)







まるで、五右衛門風呂のよう・・・・










それで、そのでっかいゴミバケツに入って、





ザッパン、ザッパン





やっていました!(笑)



そうなんです。もうお分かりだと思いますが、

この温泉には湯船がありません!






もしお風呂に浸かりたければ、ポリバケツを持参するみたいです。


P1170298.jpg





もしくは、バケツでお湯を浴びるかするしかありませんが、とにかく熱いお湯なので、バケツに汲み置きして1時間くらい冷ます必要があるのが、ここの温泉の特徴です!






P1170300.jpg


普通の観光客は、来ない場所ですから、ある意味、穴場スポットです!話のネタになりますから、ぜひ行ってみてください。


ぜひとも応援クリックお願いします!




[2009/11/15 11:30] シンガポールライフ | TB(0) | CM(2)

シンガポールに再到着! 

昨日の夜、シンガポールに着きました。

いいですねー、このまったりとした暖かさ!100%に湿り気!

生き返りました!

やっぱり、常夏は体に優しいですね!

P1170261.jpg

今日は、今から温泉探検です!

ぜひとも応援クリックお願いします!



[2009/11/11 11:23] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)

到着翌日は、お仕事 




[2009/11/10 23:38] シンガポールライフ | TB(0) | CM(0)

明日からシンガポールにいきます 

明日から1週間、約1年半くらいぶりのシンガポールです。
またいろいろレポートしたいと思います。

ぜひとも応援クリックお願いします!


[2009/11/09 23:23] シンガポールライフ | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。