スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いよいよ出発 


昨日は20時半に寝て、本日は、AM3:00に起床!!

ハワイ対策バッチリ?です(>_<;)

ただ、いまほどよく眠い(汗)


ちょっと散歩しながら勉強しに行ってきます。

海外で時差ある中での受験は、かなりのハンデです。

もう2度とやらん!

本番試験では、日本時間で2時に起きて4時から試験ですから、かなりキツイです。どうなることやら・・・

ぜひとも応援クリックお願いします!

スポンサーサイト

[2010/11/04 10:09] 語学・資格 | TB(0) | コメント(-)

US CPA願書 アメリカ大使館 公証のために進入! 

米国公認会計士試験を受けるには、願書を提出する必要がありますが

その願書には、



公証(notarization)を受ける必要があります。



公証を手っ取り早く、安く受けるにはアメリカ大使館に行くのが一番です。


で、まず、公証を受けるためには、アメリカ大使館のホームページから予約をしないといけません。



ホームページの作りが非常に分かりにくいため、予約のこのページまで辿り着くのも一苦労です。(← 苦労しないようにリンク貼っておきました)



※ちなみに、行きたい日の1、2週間前に予約しておく必要があります。



-----------------------------------

先日、公証を受ける当日がやってきたので、アメリカ大使館へ行ってきました!



アメリカ大使館のガードは非常に固いです!



以下の地図を参考にしながら、読んでください。


usaen.png


歩道を歩いていると、①で警察官に「何の用ですか?」と声を掛けられました。


まだ、大使館の正面でもないところで、質問されたのできょとんとしましたが、


「公証を受けに来ました」




というと、その警察官は、ボキャブラリーが少なかったのか、“公証って何だ?”って顔をしながら3秒ほど固まっていましたが、通してくれました(笑)。



もっと勉強してくれって感じです(>_<)




で、いよいよ大使館に入ろうとすると、②で来訪目的を聞かれて、パスポートで身分チェックをされます。その後、携帯電話と電子辞書をトレーに出します。



その後、分厚いドアを抜けて第一チェックポイントに入ります。



③で、空港にあるようなゲートをくぐり、カバンを


X線で検査されます。


そして③で携帯電話と電子辞書を預けることになるので、預り証番号の札をもらいます。




その後、いよいよ大使館内部で進入できるのですが、


やたらとドアが分厚い!





ドアをくぐると、なんと第二チェックポイントがあり、またゲートです!!


さらにカバンの中身をガードマンにチェックされて、からだ全体、金属探知機で検査されます。


なんと



クリップ1つでも、ダメです! 



金属探知機の感度はMAXでしょうね!


こんなに厳重なのか!



(空港よりも厳重!)
と思いながら、




無事全てのチェックポイントを通過して、ようやくアメリカ市民サービスをやってくれる建物内部へ進入することができました!


中はアメリカ人だらけで、英語が飛び交っています。



ネット予約した予約証を奥の方にあるトレーにおくと、少しして呼ばれます。

「日本人スタッフもいるので、日本語も通じる」という話しでしたが、私を呼んだ


アジア人女性(日本人)は、


ネイティブな英語



「お金をキャッシャーで払って、領収書を持って来い」と言っています。


パスポートを見て、私が何者かが分かるのに、何でこの女は英語でペラペラ話しかけるのか?


単に英語が上手いことを自慢したいのか? それとも見た目は日本人でも、英語しかしゃべれないアメリカ生まれの奴なのか? 単に性格が悪いのか? といろいろ考えながら、持参したUSD紙幣で30ドル支払い、窓口へ戻ると、またその女性が英語でペラペラ言ってきます。



で、その直後、他の職員から話掛けられると、


なんと、その女はネイティブな日本語で受け答えしたんです!


「!!!!!!!!!!!!!!!!!」


はっきり聞きました!間違いない!




その後、また私には英語でペラペラと話します。



「そんなにバイリンガルにありがちな優越感を味わいたいのか?」と思いました。


つまり、

(私はどっちでもできるけど、まずは、あんたには分かりにくい英語でしゃべり、もしあんたが英語が分からなくて慌てたら、あきれた感じで仕方がないなーと日本語で話してやるわ)




絶対、この思考パターンですわ!この女!




「絶対、性格が悪いんだな・・・」そう思いました(>_<;)



何かスッキリしないまま、公証で金髪アメリカンな女性が登場!

右手を挙げて宣誓し、15秒で公証は終了。



最後にサインを目の前を行います。

てっきりパスポートと同じサインかと思って漢字で書こうと思ったら、



何とアルファベットでの記入でした!



ちょっと漢字を書きかけてしまい、その後、アルファベットで書きました。公証人に聞くと、「書きかけ、そのままで問題ない」と言っていますが、ちょっと出願で一抹の不安が残りました。



でも、もう4枚1組でリングみたいなものに挟まれてしまい、差し替えはできないので、そのまま出すしかないですね。


最後に、アメリカンな女性が「What for?」と聞いてくるので、何のことか分かりませんでしたが、5秒後に気づき、「CPA Examination」と返答して全て完了!



昼間に抜けられるサラリーマンだと、公証もスムーズにできると思いますが、そうじゃないとちょっと大変ですよね。



ぜひとも応援クリックお願いします!


[2010/06/05 10:18] 語学・資格 | TB(0) | コメント(-)

勉強法 


よく東大卒業 → 弁護士 とか

慶応大学卒業 → 公認会計士 とかのパターンを見かけます。

しかし、国○舘大学卒業 → 弁護士 というパターンは見かけません。



なので、世間の人たちは、

「あの人は頭が良いから、


東大に行けて、


頭が良いから


弁護士になれたんだ」



と思います。


東大卒業した人が書いた本を読んでも、真似できないから、意味ないんじゃないか


とか思ったりもします。


ただ、勉強法の本を読むと、「東大に行った人は、頭が良いんじゃなくて、勉強方法が上手だった」
 

ということに気づきます。



具体的には


・時間の使い方

・やる気の持続の維持




この2つに尽きます。


あとは、興味がある(知的好奇心が強い)とかですね。


1つだけ、良いことを教えたいと思います。


「さあ、勉強しよう!」


と思ったときに、「1日1時間を確保してやろう!」と思ったら、


サラリーマンだとなかなか難しく、途中で挫折しちゃいます。






でも、1回10分 × 6回


1日のうちに取ればいいじゃないか!


と思えば、すごくできそうな気がしませんか?





ここに真髄があるみたいですよ!



役に立ったら、ぜひとも応援クリックお願いします!





[2010/04/15 21:49] 語学・資格 | TB(0) | コメント(-)

林丹丹さんの中国語には騙されました!(感服) 

NHKの上海タイフーンで見ていましたか??

既に終わってしまった短編連続ドラマですが、見ていない人は、ここから見れます。

↑↑↑DAUMで見ると、ストレスなくスムーズに見れると思います。↑↑↑



このドラマに、中国人少女役で、林丹丹さんが出てきます。



tantan1.jpg

林丹丹は、この写真の左側の女の子です。



私は、てっきり現地、中国の子かな~と思いきや・・・!!




大阪市出身じゃないですか!!




さらに、



2006年夏の


国民的美少女


コンテスト優勝!



堀越学園、首席卒業!!!






ちなみに、2006年の夏頃、

私はシンガポールに行く準備を

していたので、林丹丹

知りませんでした!!




ドラマの中で彼女の中国語&カタコトの日本語を聞いていて、何の不思議もなく、



ネイティブ・チャイニーズ・


スピーカー
と完全に思い込んでいました!!




ところがどっこいYoutubeにこんな映像が・・・



日本語がネイティブ!!(驚)



完全に騙されました!!!

_| ̄|○ (汗)




大したもんです、林丹丹ちゃん!

完璧なバイリンガルですっ!



なんと10位に復活!応援クリック←をポチっと押してください!!



[2008/10/24 00:50] 語学・資格 | TB(0) | CM(0)

英語力アップについて 

英語力アップの方法

突然ですが、今日は英語力アップについて書きたいと思います。


私も普通の人と同じように中学生から英語の勉強を始めて、高校時代には英会話でペラペラにしゃべりたいという願望があったのですが、結局、受験英語の勉強しかしてこなかったので、読むことはできても話すことはほとんどできないという状況でした。


大学生になっても同じです。自主的に勉強を時々していましたが、結局、日本に暮らしていると英語ができなくても良いので、必要性がないわけです。そのため、勉強にも身が入らず、語学で一番大事な「継続」ということができませんでした。


社会人になっても英語を仕事で使う機会はありません。そのため、「英語を勉強しなきゃ!」と1年に2回くらい思い勉強を開始しても、続きませんでした。


ただ、海外旅行は好きで、社会人になってからいろんな所に行きました。その時に旅行英会話だけは一生懸命勉強しました。旅行会話での勉強では、とにかく必要なフレーズを声に出して読むことです。そうすると、滑らかに必要なフレーズが言えるようになりました。


私は、海外に行く時にはその国の基本的な挨拶、数字は勉強するようにしています。例えば、イタリア、韓国など英語が母国語ではない国の場合は、もちろん、イタリア語、韓国語を勉強します。


面白いのは、イタリア語を勉強した時の話です。
イタリア旅行に行く前に、1ヶ月間テープでみっちり勉強しました。勉強方法は、耳から入った音を何度も声に出すだけでした。ただ、これが非常に効果的でした。定型句はスムーズにしゃべれるようになりました。(今でも忘れていないのが自分でもスゴイと思います)


このように、語学では集中的に同じフレーズを繰り返し「声に出して」覚えることが大事です。語学は100%例外なく






「声に出す」




ことが重要です。


話が脱線しましたが、続きを書きます。




私の場合、会社を辞めてからニュージーランドに行きました。ニュージーランドにも日本人がいるので、ついつい日本語で話してしまいがちでしたが、私の行った学校の規則では、英語のみ使用可能というルールでしたので、放課後、日本人同士でも英語で話しをする習慣でした。



ニュージーランドは3ヶ月だけでしたが日々使っていたので、簡単な英語ですが英語が口から出るようになりました。



だって、英語を使わないと


友人とコミュニケーションが


取れない
わけですから(笑)やはり環境が大事です。



日本に戻ってからはTOEICの勉強を行いました。使ったのは一般的な問題集です。TOEICで点数をアップするのは、英語力も大事ですがテクニックも大事です。TOEICは問題数が多いので、少しでも早く問題を解くことに重点を置く必要があります。特に後半の文章問題の内容は簡単なので、時間切れさえならなければ、100点くらいは簡単にアップするはずです。



私がTOEIC攻略で重要だと思うのは以下の点です。



1、開始と同時に英語でリスニングの説明アナウンスが約2分ほど流れますが、その間に文法問題を5問解く。

2、文法問題は考え込まない → 分からなければ「B」にマークして次に進む

3、読解問題は、設問文から読み、その後本文から解答を探す。




以上の3つを心がければ100点以上点数は簡単にアップするでしょう。





私の英語力が一番伸びたのは、




シンガポール時代です。




嫌でも英語を話して、読まないと仕事にならないという環境でしたからね。


嫌いとか好きとかじゃなく、とにかく読む、話す。そんな感覚です。


細かい字で書いてある契約書も英語、不動産契約書も英語、インターネットの申し込みも、銀行にお金を預けるのも英語、納税も英語でその説明書も英語、預金通帳をATMで記帳していたら飲み込まれてしまい、そのトラブル対応も英語、つまり絶対に使わないと生活できない環境だったので、英語力はみるみるアップしました。


普通に生活していたら、自然にTOEIC700点は取れると思います。



でも日本で生活していると難しいでしょうから、日本で英語力を高めたい場合は以下のようにするべきだと思います。



1、毎日継続すること

2、英文は声に出して読むこと

3、ニュース等の情報の一部は英語で収集すること

4、英語を話す相手を見つけること




以上の4点につきるでしょうね。

英語は学問ではないので「勉強」という表現は適切ではありません。

日本語と同じコミュニケーションの道具です。

グローバル社会で生きていくために必要な道具として、使う場面をイメージして、「使う」ようにしましょう。



ぜひとも応援クリック←をポチっと押してください!!

[2008/09/20 23:53] 語学・資格 | TB(0) | コメント(-)

スキルの時代?? 

みなさん、こんばんは。

気になることがあったので、私の米国公認会計士の講座を受講に絡めて、ちょっと書きたいと思います。



米国公認会計士講座をやっている所って、調べてみると意外に少なくて、

1、アビタス

2、大原

3、TAC

4、プロアクティブ/グアム大学日本事務局


メジャーなところでは以上の4つくらいです。





私はTACを選びました。





それぞれの特徴を独断と偏見で書くと、

1、アビタス・・・やたら高い(65万円~70万円くらいする)

2、大原・・・44万円くらいで安いが、DVD通信講座がない!

3、TAC・・・DVD通信講座があり、Becker(TACのみでしかできない)という本番と同じ試験対策パッケージもあり、DVD講座でありながら、無料で通学もしても良い。価格は53万円

4、プロアクティブ/グアム大学日本事務局・・・DVD講座あり。価格は確か45万円くらいとまあまあ。テキストは英語のみで、4冊くらいしかない。ムダを一切省き、ポイントを絞った形で学習するというコンセプトには非常に惹かれたが、代表の佐○木さんの前髪がクリンクリンしているのが気に食わないので止めました。


コストパフォーマンスの一番優れているのが、TACだと思います。


ところでTACって、株式上場しているじゃないですか!ですから、優待券が存在するわけです。




優待券があれば、


10%引きで受講
できるんです!




というわけで、私はネットオーションで1500円くらいで競り落として、それを使用して代金を支払ったので、実際は47万7000円だったんです。



ところで、この優待券、 (オークション一括検索サイト)で検索すると、結構過去1ヶ月の落札価格が高いことに気が付くと思います。平均で1500円くらいでした。

季節要因なのかなーと思ったんですが、1年前の同じ時期を見ると1000円くらいの落札価格です。




相場が上がっている=需要が多い ということだと思いますが、つまり何か資格を取得しようと思っている人がとても増えてきているのではないか?

と思ったりしています。





昨日、ガイアの夜明けで派遣アルバイトをテーマとした番組をやっていましたが、



スキルがあれば、


もっと良い仕事に就けるはずです!



みなさんも頑張りましょう!(^^)


ぜひとも応援クリック←をポチっと押してください!!





[2008/09/11 00:30] 語学・資格 | TB(0) | コメント(-)

米国公認会計士! 

昨日、東京の某資格の学校に行ってきました。


申し込みましたっ!!!!!!!




米国公認会計士講座!!!!




その受講金額、なんと53万円っ!!!!



今回、自分にとって最後の大型自己投資と思って、勉強します。


やれば、報われる資格だそうです。


しかも、今の仕事にもリンクする部分があるので、意外と合っているかもしれません。



1年以内の合格を目指します!!


ぜひとも応援クリックをお願いします!



[2008/09/09 00:18] 語学・資格 | TB(0) | CM(0)

シンガポール人の英語力 

シンガポール人の英語力については面白いことが判明しました。

この国には、明らかに英語に強いシンガポール人とそうではないシンガポール人に分けることができると思います。

普通のシンガポール人(英語に強くない人)は、普段、華語を話しているのですが、彼らは華語を極めているわけではなく、英語とMixしながら話をしているので、華語レベルも高くないですし、英語のレベルも高くない。つまり、言葉をMixすることによって、会話を成立させている と言っても良いでしょうね。

一方で、英語に強いシンガポール人は、シンガポール人同士でも普段は全て英語Onlyで話をします。そのため、欧米人と同等の英語力を持っていると思います。

アメリカ人の先生からいろいろ教わっていますが、そこで習ったことを一般のシンガポール人に言っても、良く分かっていない感じでしたが、人によっては一発で分かってくれましたので欧米人と同等の英語力を持っていることが判明しましたよ!

前回のメールにも書きましたが、いま英語力を高めるために、なんとかシンガポールで欧米人(イギリスかアメリカ)の友達を作ろうとしているのですが、連絡を取ってくるのは、マレーシア系中国人とか、あまり英語の上手ではないシンガポール人ばかりなので、ちょっと悲しいです(T_T)
先方が書いてくる英語が、例えば「I will going to」ですからね(笑) 
これでは、全く勉強になりません。

面白かったら応援クリックを押してくださいね!


[2007/08/13 00:01] 語学・資格 | TB(0) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。